認知症予防トレーニング「認トレ」

「認トレ教室」東京/品川駅前で定期開催しています!

認知症の予防や、認知症の進行遅延・改善を目的とした認知症予防トレーニング「認トレ」。認トレ考案者である認知症予防医/広川慶裕医師の総監修のもと、『認トレ教室』を東京/品川駅前でも定期開催しています。

<このような方、是非ご参加ください!>
〇軽度認知障害(MCI)や認知症が気になる方
〇楽しく認知症予防をしたい方
〇どのように認知症予防をしたらよいか迷っている方

認トレインストラクターがプログラム誘導する教室形式なので安心です。
みんなで楽しく、笑いあふれる認トレ教室に是非、ご参加ください。

*認トレは、認知症予防医/広川慶裕医師が考案した認知症予防のトレーニングメソッドです。
*「認トレ」「認トレロゴ」は登録商標です。

「認トレ教室」の開催日程

毎月第2第4月曜日に定期開催しています。会場は港区品川、午後開催となりました。
今までご都合が合わなかった方もこの機会に是非ご参加ください!

  • 6月25日(月)
  • 7月9日(月)
  • 7月23日(月)

参加費用:1000円
持ち物:飲み物
募集人数:定員13名 ※事前のお申し込みが必要です
開催時間:13:30~15:00 ※開場は13:15からです
会場:ひろかわクリニック 品川駅前MCI相談室
    東京都港区高輪3-25-27アベニュー高輪603  会場地図

<電車でお越しの方>
JR品川駅高輪口より徒歩3分 ※高輪口を出て右折。
国道沿いを約150m進んだお魚屋さんの隣、「品川駅前郵便局」があるビル。

<車でお越しの方>
※駐車場はございません。近隣のコインパーキング等をご利用ください。

認トレとは

認知症は、様々な原因から脳の認知機能が低下し、日常生活に支障が生まれている状態です。

人の認知機能

認知機能とは?

近年の脳の研究で、認知機能を維持するのに効果的な要素がわかって来ました。認トレは、これらの要素を「運動」「脳トレ」「食事」「生活習慣」の4つの分野で楽しく無理なく習慣化してあたまの健康を維持する認知機能エクササイズです。

認トレ教室では、専任インストラクターと脳の健康によいことを実際にやってみて学びます。学んだことを日々の習慣にし、次の認トレ教室でまた違った脳の健康によいことを学ぶ、というサイクルを作ります。

認知症予防のメカニズム

食事

日々の食事習慣により、認知症になりにくい身体を作っていくことができます。「血流を保つ」「脳や神経細胞の発育を助ける」「神経細胞に溜まった不要な成分を分解する」など、いくつかの目的に対して摂取すべき栄養素や、健康のバランスを考えた摂取方法などを心がけます。

運動

運動は「もっとも確かな認知症の予防因子」とも言われ、研究から脳に良い影響を与えることがわかっています。特に、「ながら運動」や「デュアルタスク」と言われる、複数の動作を一度に行う運動は脳を活性化させます。

知的トレ

パズルや計算、暗記など、直接脳を使うトレーニングです。一般的な「脳トレ」に留まらず、中には「懐かしいものの香りを嗅ぐ」ことで記憶を刺激し、そこから連想する情景やエビソードを思い出す「香り連想トレーニング」など、五感を刺激することで記憶力を鍛えるなど、面白いアプローチもあります。

生活習慣

日々の生活習慣の中に、意識的に予防活動を加えていきます。「毎朝一日の予定を具体的に書き出し、その通りに生活する」「毎晩、その日起きたことや感じたことについてひと言日記を書く」など、無理のない範囲で取り組めて、認知症の予防に良い活動を行います。

認知症は発症してしまうと、現代医学では完治は難しい病気と言われています。しかし、早期発見と適切な対応で予防することが可能であることがわかってきました。正常な老化から認知症になるまでにはいくつかステージがあり、今は軽度認知障害(MCI)の状態で発見し、適切に処置することでおよそ14〜44%の方が健常な状態に戻れるというデータも出ています。

宇治駅前MCIクリニック院長 広川 慶裕

宇治駅前MCIクリニック院長
広川 慶裕

京都大学医学部卒業。京都大学医学部付属病院精神科勤務後、大阪府内の精神科病院長を務めた際、重度認知症患者の「先生、ありがとう」という最期の言葉に認知症治療の使命感を強く感じ、平成13年より本格的に認知症治療と予防に関わる。

過去の認トレ開催レポート

認トレってどんなことやってるの?参加してみたいけど初めてなのでちょっと不安…と思われる方は、是非こちらの開催レポートをご覧ください。

 

リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!」

認トレ教室で実施している様々なプログラムを、認トレインストラクターのリン先生がご紹介します。

 

このページの
上へ戻る