認知症最新ニュース

リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!②指体操」

2016年10月17日

認知症ねっと主催の認知症予防トレーニング「認トレ教室」。

「よく目にはするけれど、どんなことをやっているの?」
「どんな効果があるの?」 「興味はあるけど、実際の現場が分からないと足を運びづらい」
…などの声を受けて始まった、皆さんに「認トレ教室」をより詳しく知っていただく企画の第2回をお届けします。

今回は認トレプログラムのひとつ「指体操」を、インストラクターのリン先生が紹介します。

ロゴ-記事用

指体操は何に効くの?
「第二の脳」と呼ばれている指先。指には脳につながる神経が多いため、手指を動かして刺激することは、脳の活性化につながります。 体操を通じて、記憶や学習をつかさどる大脳の「前頭前野」、運動の命令を出す「運動野」、位置情報を判別する「頭頂葉」など、脳の広い領域で普段より活動が活発になるのです。

また、右手と左手の指を別々に動かしたり、同時に声を出して数をかぞえることにより、更なる活性化が見込まれます。

認トレ体操では毎回いくつか指の運動をご紹介していますが、 今日は中でも簡単な指体操をご紹介します。準備もいらずどこでもできるので、是非試してみてくださいね!
りんさん


実践!指体操

右手と左手で1本ずらして数をかぞえながら、指を折り曲げます。

片方の手は親指から、もう片方は親指を折り曲げた状態で、人差し指からスタート。順番に親指・人差し指・中指・薬指・小指と折り曲げていきます。この時に、声に出して数をかぞえましょう。

指体操1

「5」の時はこの状態になります。

簡単そうに見えますが、左右で指が1本ずれているだけで、意外と難しいんです!

指体操2

「10」までかぞえると、最初の状態に戻ります。

慣れてきたらスピードアップして挑戦! また、スタート時の指のずれを1本だけでなく2本、3本と増やして挑戦してみてください。

指体操1

右手の制御は左の脳、左手の制御は右の脳で行われているので、右の脳と左の脳がコミュニケーションをとることで、体操も上手くいきます。

最初はできなくても大丈夫! 簡単にこなしてしまうよりも、難しくて苦労するような動きを行うことが、脳の活性化には効果的なのです。

「認トレ教室」では、この指体操のほか、様々な指の運動を行っています。
もちろん他にも様々なプログラムを用意していますので、是非遊びに来てくださいね。 間違えても皆で笑いながら取り組むことで、頭も心もスッキリしますよ!

次回もまた「認トレ教室」について、詳しくご紹介していきます。お楽しみに!


第2第4木曜日は、新宿で定期開催。11/24の参加受付中!

現在以下の日程で参加者募集中です。皆様の参加をお待ちしております!

日時:平成28年11月24日(木)14:00~15:30(開場13:30)【お申込み】
   平成28年12月8日(木) 14:00~15:30(開場13:30)【お申込み】
   ※初回参加の方は説明会がありますので、13:45にお集まりください。

会場:KDX新宿ビル2階
   東京都新宿区西新宿 3-2-7
   ※都営新宿線新宿駅 徒歩6分、JR新宿駅 徒歩10分
   ※会場までのご案内はこちら[PDF]

参加費:初回参加の方は無料(2回目以降月額1000円)
   ※お得な月額会員制もあります。詳しくは運営事務局(0120-935-952)まで


その他日程や、認トレについて詳しくはこちら!

▼関連記事
リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!①」
リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!③色レク」
リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!④1人じゃんけん」

イオン葛西店での認トレ教室開催レポートはこちら!
【認知機能エクササイズ!】話題の認トレで今日から始める予防習慣!

▼外部リンク
ひろかわクリニック(宇治駅前MCIクリニック)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  7. 7【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る