認知症・MCIの予防と改善

普段からどのような事に心がければ、認知症にならないですむのでしょうか。ここでは認知症・MCIの予防方法を紹介していきましょう。
また、認知症・MCIになってしまっても、リハビリを通して進行を遅らせたり、改善も望めます。どのようなリハビリが効果的なのでしょうか。

  • 認知症と脳トレ

    認知症予防やリハビリには、1にも2にも脳を働かせることが大事。ここでは、そのための脳トレについて説明します。

  • 認知症と歯の関係

    物を噛むと脳は刺激され、感覚や運動、また記憶や思考、意欲を司っている部分が活性化します。ここではそんな歯と脳の関係について説明します。

  • 認知症と生活習慣病の関係

    糖尿病・脂質異常症・高血圧・脳卒中・肥満などの生活習慣病。これらの病気が認知症と大きく関連している事が分かってきました。

  • 有酸素運動で認知症予防

    認知症を予防する方法として、有酸素運動が有効視されています。ここでは、年齢に関係なく適度な負荷で手軽にできる有酸素運動と認知症と関係について説明します。

  • 筋トレで認知症予防

    筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにし、かつ海馬の神経細胞を新しく作ることが出来ます。ここでは筋トレについて説明します。

  • デュアルタスクで認知症予防

    認知症になると物忘れがひどくなり、今まで出来ていた「ながら動作」が出来なくなります。ここでは「デュアルタスク」の有効性について説明します。

  • 認知症と糖尿病の関連性

    糖尿病の人、もしくは高血糖気味の人は認知症になりやすいといわれています。日本では糖尿病予備軍は約700万人おり、認知症になるリスクを背負った人がたくさんいることになります。

  • 食用オイルで認知症予防

    認知症予防には、40代~50代からの食生活習慣の見直しが推奨されています。ここでは認知症予防に良いとされる食用オイルをご紹介いたします。それぞれ味や認知症予防以外に期待される効果も違うので、あなたにあった食用オイルを試してみるのもいいかもしれません。

  • 認知症予防に効果的な歩数

    ウォーキングなどの有酸素運動が認知症の予防に効果的だと考えられていますが、では、一体どれくらい歩くのが一番良いのでしょうか。

このページの
上へ戻る