介護施設・サービスの種類

介護は1人ではできません。日本にはさまざまな形の介護施設やサービスがあります。介護疲れで倒れてしまう前に、これらをきちんと理解して、上手く利用していきましょう。

  • 特別養護老人ホーム(特養)

    特別養護老人ホーム(特養)とは、介護を受けながら終の棲家として余生を過ごす場所。ここでは、その詳細について説明します。

  • 認知症対応型通所介護

    一般に「デイサービス」といわれます。認知症の方が施設に通いながら、日常生活に必要なケアや機能訓練を受けることができるサービスです。

  • 認知症対応型共同生活介護

    一般に「グループホーム」と呼ばれるサービスで、認知症の人が必要な介助を受けながら共同生活する場所となります。その詳細はこちら。

  • 特定施設入居者生活介護

    「有料老人ホーム」と呼ばれる施設です。各種老人ホームなどで暮らし、且つ、介護認定を受けた人が利用出来るサービスです。

  • 介護老人保健施設(老健)

    介護老人保健施設(老健)とは、在宅で介護出来るようリハビリなどを行う施設です。ここでは老健について詳細を説明します。

  • 介護療養型医療施設(療養病床)

    介護療養型医療施設(療養病床)とは、長期に渡り医療的なケアが必要な人のための介護施設です。ここでは、その詳細を説明します。

このページの
上へ戻る