今週の認知症関連NEWSまとめ[6/9]

2017年6月9日

認知症に関するニュースは、日々多くのメディアで取り上げられています。 様々なメディアのニュースや特集記事の中から、興味深いものや読み応えのある記事を、編集部がピックアップして紹介します。

『認知症になりたくない』から『認知症になっても大丈夫』な社会へ(SYNODOS)

認知症に対する偏見のない、本人や家族が生きやすい社会づくりに向けてどういった取り組みが必要なのか。臨床心理士で筑波大学助教の河野禎之氏のインタビューが掲載されています。

▼外部リンク
「『認知症になりたくない』から『認知症になっても大丈夫』な社会へ」 【こちらもチェック!】認知症と共に暮らせる社会へ

米国で話題!大気汚染と認知症リスクの関係(日経トレンディネット)

米国では今年に入って「大気汚染と認知症」の関係について、多くのニュースで取り上げられているそうです。これは2017年1月4日版の医学雑誌「ランセット」に基づいたもの。

▼外部リンク
大気汚染で認知症リスク高まる? 米国で大論争

「今の時代の認知症を取り巻く動きを知るには、当事者の生の声が最もふさわしい」(ダイアモンドオンライン)

有吉佐和子による小説『恍惚の人』出版から45年経った今、小説に描かれた社会とは、認知症を取り巻く環境が大きく変わっています。当事者たちが自分の心のうちを語り始めた現代について、福祉ジャーナリストが考察します。

▼外部リンク
『恍惚の人』から45年、認知症書籍が「本人の声を聞く」内容に変化した意味 【こちらもチェック!】樋口直美さんインタビュー:出版から1年経った現在の心境の変化とメディアを通じて伝えたい思いとは

「注文をまちがえる料理店」当事者がスタッフに(yahooニュース)

6月、都内に不思議なお店がオープンしました。その名も「注文をまちがえる料理店」。ここは認知症当事者たちがスタッフを務めるレストラン。お店の様子やスタッフインタビューが掲載されています。

▼外部リンク
注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは 【こちらもチェック!】認知症のリハビリ療法とは?

ウクレレで認知症予防?(読売オンライン)

中高年がはじめる習い事としてウクレレが流行っているそう。弾き語りをすることは”デュアルタスク”に相当し、認知症予防に効果があるのだとか。ウクレレ人気について紹介されています。

▼外部リンク
ポロ~ン♪ 癒やしのウクレレ 【こちらもチェック!】デュアルタスクで認知症予防 【こちらもチェック!】認知症予防トレーニング 認トレ教室

「脳トレ」より効く?佐藤正之先生らの音楽体操(産経WEST)

認知症ねっとでも、昨年の日本認知症学会学術集会での発表を紹介した音楽療法。その有効性が新聞等で報じられています。研究の結果、計算ドリルなどの脳トレよりも、日常生活の動作悪化を防ぐ効果があったそうです。

▼外部リンク
音楽体操、認知症に有効 三重大の准教授らが研究 【こちらもチェック!】楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る