認知症高齢者への接し方:⑧性的な言動にあったら

1. いやらしいことを言われたら?

そのような時には、さりげなく受け止め、自然に話題を変えるようにしましょう。

高齢者が変な目つきで人の体を見たり、いやらしい事を口にする行為は認知症によって知的な抑制が外れたとも考えられますので、専門医に相談しましょう。

2. 性器を見せたがる場合は?

そのような時には、さりげなく受け止め、自然に話題を変えるようにしましょう。

性器を見せたがる行為のように見えても、いろいろなケースがあります。おしりがかゆい、オムツがぬれている、トイレに行きたい等、何か下着を脱ぎたがる原因があるかもしれません。自分の性器を触らせようとした場合はさりげなく手を引くようにしましょう。軽蔑したり乱暴に振舞うと、行為がエスカレートする事があります。

3. 性行為を迫ってきたら?

高齢者にも性的欲求はあります。

しかし、相手を見分けられず性行為を迫ってきた場合は、落ち着いて毅然とした態度ではっきりと拒否しましょう。夜をぐっすり眠れるように、昼間の生活を考えましょう 。

▼認知症QA270問「認知症高齢者への接し方」の他のQAを見てみる 認知症高齢者への接し方:①基本知識 認知症高齢者への接し方:②物忘れへの対応 認知症高齢者への接し方:③徘徊への対応 認知症高齢者への接し方:④日常生活で困ったとき 認知症高齢者への接し方:⑤こんな感情のとき 認知症高齢者への接し方:⑥日常会話するとき 認知症高齢者への接し方:⑦BPSD(周辺症状)への対応

▼「認知症QA270問」の他のカテゴリを見る 発症から診断まで 認知症介護の注意点 認知症の予防と治療


このページの
上へ戻る