認知症高齢者への接し方:⑤こんな感情のとき

1. 人柄が変わる?

認知症のいくつかの型や統合失調症など、人格障害をきたす病気もありますが、明らかに人格が変わったと考えられたときは、専門医に相談しましょう。

中でも人格変化が著しい認知症として、ピック病が上げられますが、無理に治そうとしても障害からくる症状なので効果はありません。介護者側が病気の特徴を理解することで、適切なサポートが可能となりますので、専門家とともにケアしていくことをお勧めします。

2. 性格がきつくなる?

脳の中のバランスを保とうとする部分に偏りができ、優しい性格と強い性格のバランスが取れなくなるため、偏りができます。

3. 悲観的なことばかり言う?

高齢者の中には「死にたい」という言葉をよく口にする人がいます。

身体機能が低下し、何をするにも家族や周りの人に手助けが必要になった時、そんな気持ちになるのは無理はないものです。そんな時には、状態にもよりますが、認知症専門のデイサービス等が役に立つ場合もあります。しかしうつ病の場合もあり対応の仕方が異なりますので、専門の医師に相談すべきでしょう。

4. 何を勧めても、しようとしない?

自分の体が思うように動かなくなった高齢者にとって何をするのも嫌がったり、億劫がるのは無理のない事ですが、何を勧めてもしようとしないのが億劫だからとは限りません。

認知症の疾患で脳の一部の損傷により内容が理解できていない場合が多々あり、無気力になる場合があります。その高齢者によくわかる説明の仕方を工夫したり、出来ないところを見極めさりげなく一緒に行動しましょう。又、本人が以前のようにうまくは出来なくなっていることを見られることが恥ずかしいなどの自尊心から行動に移せない場合もあることを理解しましょう。

5. 能面のように表情がなくなってきた?

認知症の病状の一つでもあり、症状が進むと物事の理解力や感受性が鈍くなります。

その結果、症状がなくなり能面のような顔になってしまう事があります。そのような場合はこちらから積極的に話しかけたり、デイサービスを利用したりして、より感動を得られる状況を作りましょう。また、抑うつ状態と思われる時には専門の医師に相談しましょう。

6. 気分のむらが激しくなった?

認知症が進むと知的な部分や抑制力の衰えから、気分のむらが激しくなる症状が出る人がいます。

そのような時は焦らず、本人の気分を変える事が第一です。日頃から何か一つは気に入ったものや興味を引く事を介護者は見つけて置き、感情が激しくなった時などにそれを出すのもよいでしょう。また、スキンシップなど人とのふれあいが大切です。

7. 子供や赤ちゃんを見ると穏やかになる?

認知症の症状でご本人の記憶が若い時代に戻る場合があります。

その時はご本人が子育ての時代に戻って赤ちゃんを見て穏やかになられているので、介護者側もその当時のお話に共感して穏やかな時間を持つことが安心につながります。

▼認知症QA270問「認知症高齢者への接し方」の他のQAを見てみる 認知症高齢者への接し方:①基本知識 認知症高齢者への接し方:②物忘れへの対応 認知症高齢者への接し方:③徘徊への対応 認知症高齢者への接し方:④日常生活で困ったとき 認知症高齢者への接し方:⑥日常会話するとき 認知症高齢者への接し方:⑦BPSD(周辺症状)への対応 認知症高齢者への接し方:⑧性的な言動にあったら

▼「認知症QA270問」の他のカテゴリを見る 発症から診断まで 認知症介護の注意点 認知症の予防と治療


このページの
上へ戻る