認知症と脳のトレーニング

認知症と脳の関係

脳の機能について

脳には、
・記憶する
・時間や場所を認識する
・計算をする
・読み書きをする
・言葉を話す
・道具などを使いこなす
・物事の善し悪しを判断する
・出来事などを理解する
などの機能があり、これらを認知機能と言います。脳は生まれてから20歳ごろまでどんどん発達しますが、20歳を超えると発達は止まってしまいます。そして発達が止まった脳は、年と共に少しずつ小さくなっていき、認知機能も徐々に低下していきます。ただ、物事を理解したり判断したりする機能は、80歳くらいまで低下はしないとされています。


脳を働かせることが認知症予防に繋がります

脳が働くにはたくさんのエネルギーが必要です。そのため、脳が働いている時には、たくさんの血液が脳に流れ酸素と糖が運ばれます。たくさんの血液が流れる事で、脳の機能の低下を防ぎ、若々しさを保っていられます。反対に、脳を働かせていなければ、血流も悪くなり、脳の栄養である酸素や糖が運ばれず、認知機能も低下してしまうという事になります。認知機能の低下は、認知症に繋がるので、認知症予防や認知症の症状悪化を防ぐためにも、脳を働かせるという事は大事なのです。


脳を働かせるとは

バランス良い食生活

脳の重さは体重のたった2%にすぎません。それに対して、エネルギーは身体の20%も必要になるのです。脳を働かせるには、まず栄養が必要です。糖分の摂り過ぎも良くないですが、全く摂らないのも脳には良くありません。中年期以降は無理なダイエットなどはしないようにしましょう。また生活習慣病によって脳血管に障害が起こり、認知症が引き起こされる事もあります。出来るだけ、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

>>認知症と生活習慣病の関係についてはこちら


認知症予防のための脳トレ

認知症予防は高齢者だけのものではありません。40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ委縮していっています。名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。高齢者になってからではなく、早くから脳を働かせる生活をしましょう。但し、どれも楽しく行える範囲で行ってください。しなければならないと思うようになると、それがストレスになり、認知症予防にはならず逆効果になります。


パズル

トロント大学で行われた研究で、認知症予防にはパズルが効果ありとされました。でも1回行ったから良くなるものではなく、続けて行う事が大事です。パズルはどのようなものでも構いません。年齢にあったものを選びましょう。また数字のパズルである数独(ナンバープレース)も効果があるとされています。


計算をする

認知機能の1つである計算するという機能を低下させない為に、計算をしましょう。年齢に合わせ高齢の方なら簡単な足し算引き算を、制限時間を設けず行い、若い方なら少し高度な計算問題を、制限時間を決めて。でも特に難しい問題ではなく、簡単な計算問題で構いません。また、問題などを作らなくても、買い物をした時に、概算でも良いのでいくらくらいになるか計算したり、お釣りの計算をしましょう。財布の中を見て小銭がたまらないよう、お金の出し方を考えるのも良いです。


読み書きをする

新聞の短いコラムなどを書き写すなど、何かを見ながら書く事や、声に出して読む事は脳の刺激になります。また日記を毎日書くのも良いです。若い世代でパソコンや携帯を使っている方も多いですが、一度自分で字を書いてみてください。パソコンや携帯では漢字を変換する場合候補が出て選ぶだけですが、自分で考えながら物を書く場合は、漢字を思い出さなくてはいけません。簡単なようで結構忘れてしまっていると気付く場合が多く、脳の良い刺激になります。


麻雀・囲碁・将棋・オセロ

相手の手の裏を読んだりするゲームは、高度な認知機能が必要ですので、脳が刺激されます。また、難しく嫌だと思いながらするのではなく、楽しく行うという事が、脳の活性化に繋がります。


他人とのコミュニケーションを図る

他人を気遣う。また他人と話をするというのは脳の良い刺激になります。一方的に話したり、自分より弱い立場の人が周りにいても、我先に話したりしてはいませんか?相手の話を聞き、それに対して的確な答えを返す。また他人を気遣い配慮するなど、上手く他人とコミュニケーションを取る事が、認知症予防になります。


新しい事を行う

ピアノやギターなどの趣味がある人は、新しい曲を作ってみましょう。編み物や日曜大工なども、作った事がない物に挑戦する方が良いでしょう。絵を描いたり俳句を詠んだり、また英会話やパソコンなど、これまでやった事がないものにチャレンジするのもとても良い脳トレになります。


認知症患者のリハビリとしての脳トレ

複数人で一緒に行うリハビリをやってみましょう。話をしながら、また相手と対戦しながら行う事で、良いコミュニケーションが生まれます。認知症改善の脳トレには1人ででも出来る計算や塗り絵などがありますが、1人でそれをやっていても良い効果が現れない場合があります。そこに家族や施設職員とのコミュニケーションがある事が大事なのです。


簡単な読み書きや計算

ごく簡単な計算をしたり、絵本を読んだりしましょう。絵本は挿絵があり、大きな文字で書いてあるので、読みやすいでしょう。


塗り絵や折り紙

どこにどんな色を塗るか考えながら塗る事で、脳に刺激を与えます。手先を使う折り紙も、はみ出さないよう丁寧に折ることを、意識しながら折りましょう。また紙粘土工作なども、手を使い考えながら行える脳トレです。


音楽を聴いたり歌う

音楽を聴き、リズムに合わせて手を叩いたり、身体を動かしたり、歌を歌うのは、リラックス効果もあります。そのため多くのデイサービスなどで、音楽療法として取り入れられています。

>>認知症患者への音楽療法をテーマとした映画『パーソナル・ソング』がおすすめ


回想法

昔の思い出を語り合ってください。懐かしい昔話を思い出しながら話すというのは、脳を刺激し、精神的にも安定すると言われています。写真などがあればそれを見ながら話します。自宅で家族と、またデイサービスなどで同年代の人達ともコミュニケーションが取れる方法です。


ゲーム

囲碁や将棋など、また麻雀などのルールを知っている方はやってみましょう。1人ではなく相手がいる事で、刺激となります。輪投げなどのゲームも、大勢でやると楽しく、また、狙って投げる事は難しい行為なので、良い脳トレになります。


脳トレが出来るサービス

ルモシティ

182ヵ国で6000万人の利用がある脳トレアプリです。パソコンでも、スマートフォンでも楽しむことが出来ます。科学的に設計されたトレーニングで、脳が鍛えられるとしています。記憶力・柔軟性・処理速度・注意力・問題解決などから、自分が鍛えたい能力を設定します。

更にその中から、鍛えたいスキルを選び回答していきます。この回答によって個人にあった脳トレプログラムを考えてくれるのです。無料で出来るトレーニングは3つまでで、それ以上行いたければ有料となります。またアドレスや生年月日、個人プログラムを組むためには、学歴や年齢などの個人情報を入力する必要が出てきます。

>>ルモシティはこちら(外部サイトへ遷移します)


くもん学習療法

学習する者と指導する者がコミュニケーションを取りながら、音読や計算問題を行う事で、前頭前野の機能の維持と改善が図れ、認知症の予防と改善に効果があると、科学的に証明されているものです。問題は1人1人に合った、ごく簡単でスラスラ読めたり解けたりするもので、週に5日、20分から30分程度行います。

デイサービスなどで導入されている所も多くなっており、認知症予防で始めた人では、意欲がわいたり物忘れが少なくなったり、認知症の症状改善の為の人では、徘徊や被害妄想などの問題行動が少なくなったなどの効果がみられています。

>>くもん学習療法はこちら(外部サイトへ遷移します)


このページの
上へ戻る