今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]

2017年9月22日

認知症に関するニュースは、日々多くのメディアで取り上げられています。 様々なメディアのニュースや特集記事の中から、興味深いものや読み応えのある記事を、編集部がピックアップして紹介します。

認知症患者の就労の在り方~若年性は約7割が「退職」(産経ニュース)

産経ニュースには、若年性認知症の生活実態調査や国民生活基礎調査の結果から、認知症患者の就労のありかたや、介護状況についての記事が掲載されています。中でも若年性認知症発症後は、6割以上が退職、解雇も合わせると7割以上に達することがわかっています。

▼外部リンク
若年性認知症発症後は計約7割が「退職」「解雇」 “認認介護”も顕在化 【こちらもチェック!】若年性認知症とは?初期症状・予防法などを解説

運転で認知症を発見?(朝日新聞DIGITAL &S)

産業技術総合研究所自動車ヒューマンファクター研究センター長の北﨑智之氏のインタビュー。安全運転支援技術を搭載した車が普及が進んでいます。車の運転のしかたを観察することで、認知症を早期発見できる可能性について掲載されています。

▼外部リンク
認知症も発見してくれる? 車の技術研究の最前線
【こちらもチェック!】アルツハイマーの初期症状・発症のサインは?

高齢になってからも脳の健康は維持できる(スプートニク日本)

ミシガン大学のフィリップ・ゴレリク教授が、Stroke誌で発表した調査について掲載されています。心・血管病や老年性認知症が発症する可能性が著しく低下する7つの主な危険因子が挙げられています。

▼外部リンク
歳をとってから脳の健康を維持するための7項目 【こちらもチェック!】認知症と生活習慣病の関係

認知症と「歩行」の関係(プレジデントオンライン)

米国・イリノイ大学ベックマン研究所の調査を挙げ、歩くことが脳を刺激し、認知症の最大の予防策になると述べています。また、歩く速度が遅くなった場合にはMCIの可能性があることについても掲載されています。

▼外部リンク
「歩く速度」で認知症を早期発見する方法 【こちらもチェック!】認知症予防に効果的な歩数


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る