軽度認知障害(MCI)とは?

MCIとは

健常者と認知症の中間にあたる、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)という段階(グレーゾーン)があります。MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない状態のことです。以下がMCIの定義になります。

MCI5つの定義

1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
2.日常生活動作は正常
3.全般的認知機能は正常
4.年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
5.認知症ではない

認知機能と時間の経過

MCIはその症状と対応によって回復したり、発症が遅延したりすることがあります。

MCIは4つのタイプに分けられる

MCIは下記の図のように、記憶障害の有無、さらにその他の認知機能障害の有無と障害の数によって、4つのタイプに分けられます。

4つのタイプ

※認知障害には記憶障害以外にも、見当識や判断力の障害などがあります。

MCIになるとどうなるの?

MCIを放置すると、認知機能の低下が続き、5年間で約50%の人は認知症へとステージが進行すると言われています。


5年間で約50%の人は認知症へ


5年間で約50%の人は認知症へ

※出典:一般社団法人 日本神経学会

厚生労働省は、認知症とその予備軍とされるMCIの人口は862万人存在すると発表しています。驚くべきことにこれは65歳以上の4人に1人です。意外に思われるかもしれませんが、認知症やMCIはとても身近なのです。


65歳以上の4人に1人はMCIもしくは認知症


認知機能と時間の経過

※出典:厚生労働省資料

早期発見の重要性

MCIは適切な治療・予防をすることで回復したり、発症が遅延したりすることがあります。一部の場合を除き認知症は完治出来ません(※)が、早期にMCIに気づき、対策を行う事で症状の進行を阻止することはとても大切です。

※脳腫瘍・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症・脳血管障害等の外科的治療の対象となる疾患。他にも脳症や、薬の副作用によるせん妄状態など治療可能な状態もあります。

認知機能低下に対する適切な対策を行うことで、MCIになったとしても、認知症の症状が最後まで出ずにすむケースもあります。

認知機能と時間の経過

ご自身はもちろん、ご家族や身の回りの大切な人のためにも定期的なチェックをお勧めします。

>>所要時間は約5分 認知機能チェック(無料)はこちら

MCIと診断されたら

MCIは適切な治療・予防をすることで回復したり、発症が遅延したりすることがあります。一部の場合を除き認知症は完治出来ませんが、早期にMCIに気づき、対策を行う事で症状の進行を阻止することはとても大切です。

食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保ったり、いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりすることで認知機能を重点的に使って、機能の改善や維持を図りましょう。(詳しくは予防へ。


このページの
上へ戻る