相次ぐ企業と自治体の「包括連携協定」 、認知症対策も課題に

2017年8月31日

自治体の抱える問題と企業の思惑が一致

自治体と企業が社会課題に連携して取り組む「包括連携協定」が相次いでいます。自治体は人口減少・高齢化やそれにともなう認知症の増加、税収減といった悩みを抱えており、企業とタッグを組んで問題の解決を図ろうというものです。企業側としても、地域での存在感強化を進めることができ、思惑が一致した形となっています。

当サイトでは、ヤマト運輸と大阪府、明治安田生命と愛知県の「包括連携協定」をお伝えしてきました。ヤマト運輸およびヤマトホールディングスは、今月広島県とも締結しています。他にも、カゴメと大分県、ANAホールディングスと北海道、大塚製薬と兵庫県など相次いでいます。

今回は日本生命と島根県、第一生命と鳥取県の2協定。双方とも、健康増進や高齢者支援、地域の環境保全、活性化など、地域活性化及び県民サービスの向上を図る内容となっています。

今回提携されたいずれの協定にも、認知症予防の項目が含まれており、日本生命と島根県の協定では、日本生命職員に対して認知症サポーター養成講座受講を勧奨するとしています。また、第一生命と鳥取県は、「介護・認知症予防に関わる活動の実施」として、国立長寿医療研究センターが制作した認知症予防体操DVDを県内の介護施設等への配布を行います。

▼関連記事
ヤマト運輸と大阪府間で包括連携協定を結ぶ
明治安田生命 愛媛県と協定「認知症サポーター養成」PRも

▼外部リンク
日本生命、島根県との「包括連携協定」の締結について
第一生命、生命保険業界初鳥取県と包括連携協定を締結


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る