ユッキー先生の認知症コラム更新!もの忘れの対処方法

2017年5月8日

ユッキー先生の認知症コラム更新

毎月読み応えのある内容で、多くの読者から支持を受けている今井幸充先生のコラムが更新されています。今回のテーマは認知症の人の対応~もの忘れの対処方法~。

日常会話でも多く話題にのぼる「もの忘れ」に焦点を当て、周囲の方がどのように対処したらよいかを考察します。

認知症の症状に対処するには?

認知症をケアする家族や周囲の方にとって、さまざまな症状にどのように対処すればよいのか、悩むことも多いでしょう。

今井先生は、「ちょっとした工夫や考え方を変えるだけで、意外とその対応が楽になることがあります」とし、今月からは具体的な対処の方法を考えていきます。今回はもの忘れについて、先生の経験を交えながら、どのような対処や考え方が有効かを綴ります。

思い出せないときの嫌な思いや、探し物をしている時の焦りは、認知症を患っていなくとも経験があるもの。そんな経験をケアの現場でも思い出し、活かすこともできるのではないでしょうか。

ユッキー先生の認知症コラム 第51回 認知症の人の対応~もの忘れの対処方法~



▼関連リンク
今井幸充先生プロフィール


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る