ユッキー先生の認知症コラム更新! 認知症の人の生きる価値について考える

2017年1月18日

ユッキー先生の認知症コラム更新。

毎月読み応えのある内容で、多くの読者から支持を受けている今井幸充先生のコラムが更新されました。今月のテーマは「認知症の人の生きている価値って?」。

社会参加や社会活動から遠ざかった認知症の人の生きる価値について考察します。

認知症になったら人生終わり?

「”認知症になってまで生きていたくない”と考えるのは、認知症でない人が、認知症という病気を想像して、勝手に決め込んでしまう結果です。”認知症になったら終わり”との思いの中には、認知症になると生きる意味や目的を失ってしまい、生きる気力を失う、人生終わりと考えるからでしょう」と語る今井先生。思うように生活できなくなることの懸念や不安から、そう考えてしまうことは想像できますが、では、実際の当事者はどのように感じているのでしょうか。

認知症を患う今井先生ご自身のお母様のお話をメインに、患者目線の「生きる価値」を考えていきます。
ユッキー先生の認知症コラム 第48回 認知症の人の生きている価値って?

ユッキー先生 2017年ご挨拶も更新

もうすぐ50回を迎える「ユッキー先生の認知症コラム」。
2017年を迎え、先生から新年のご挨拶もいただいています。
是非ご覧ください。

ユッキー先生のご挨拶

▼関連リンク
今井幸充先生プロフィール


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る