【ユッキー先生の認知症コラム更新!】第44回:夫婦の関係

2016年9月9日

「ユッキー先生の認知症コラム」更新

認知症専門医として、大学院教授として、認知症とどう向き合うかを和光病院 院長今井幸充先生が綴る「ユッキー先生の認知症コラム」。毎回大きな反響をいただいているこちらのコラムに、最新記事が公開されました。

今回のテーマは「夫婦の関係」

少子高齢化の時代、夫婦2人の世帯が多くなり、また女性の平均寿命が90歳に迫ろうとしている超高齢時代に、夫婦のどちらかが認知症になると、どうしても老老介護が主体になります。 今回のコラムでは、介護者が配偶者の場合について、その特徴について考察されています。

>>早速読んでみる

▼関連リンク
「ユッキー先生の認知症コラム」TOP
今井幸充先生プロフィール


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 58/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  6. 6認知症進行、自宅で予防するアプリ
  7. 7シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  10. 10東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
このページの
上へ戻る