特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム)

特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム)とは

特定施設入居者生活介護について

在宅サービスの1つですが、自宅ではなく介護保険の指定を受けた、介護付き有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホームなどで暮らし、かつ、介護認定を受けた人が利用出来るサービスです。介護計画が立てられ、それに沿って排せつや入浴、食事などの日常の介護が行われます。


有料老人ホームについて

常時10人以上の高齢者が入居していて、食事などをサービスする施設です。特養などは社会福祉法人など公的機関が運営していますが、有料老人ホームは民間の団体が運営しています。有料老人ホームは、介護付、住宅型、健康型と分かれます。施設数は平成24年7月時点で、7484か所あり、住宅型が58%、介護付が42%となっていますが、定員は31万人で介護付が19万人と住宅型を上回っています。


各有料老人ホームについて

介護付有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護の指定を受け、介護が必要になれば施設内または委託先のサービス事業者から、介護保険を使って介護が受けられるものです。住宅型は、自宅と同じ扱いになり、特定施設入居者生活介護は利用出来ないため、介護が必要になれば自分でサービス提供者を探し介護を受ける事になります。健康型は介護が必要になれば、退去しなければいけません。




有料老人ホームの入所条件や設備、費用について

入所条件について

介護付有料老人ホームでは、公的な介護施設とは異なり、介護認定を必ず受けていなければいけないものではありません。ただ施設によって入所条件が設定されており、介護認定を受けて要支援以上の人とする所もあります。年齢なども60歳以上、65歳以上などの条件は施設ごとに異なります。その他、暴力行為などがある場合や、感染症がある、また医療行為を行う必要がある人などは入居出来ない場合もあります。

>>日常生活自立度の判断基準一覧はこちら


有料老人ホームの施設の設備について

介護付有料老人ホームの部屋は、夫婦利用の場合を除き個室となっています。部屋の広さは13㎡以上で、最低でも約8畳以上となり、特養や老健などの介護施設の個室と比べても広いものになっています。廊下も車椅子でも移動に支障がない広さとなっており、身体機能にあった浴室、食堂が設置されています。

また特定施設入居者生活介護指定の基準以外に、豪華なエントランスやラウンジ、理美容室、大浴場など施設の特色が出せるように設けられている所もあります。介護職員以外に、ケアマネージャーや看護師なども常勤で1人以上勤務しています。また、協力病院が決められ、緊急時には対応出来るようになっています。


有料老人ホームの1か月の費用について

入居一時金を必要としない施設もありますが、ほとんどの施設において多額の費用がかかります。費用は数十万円から数千万円になる場合もあります。ただ、これらは一時預かりで入居と同時、または数年かけて償還される場合がほとんどですが、償還金額や償還期間などは施設によって違います。

また入居一時金ではなく、入居申込金などの名目になると、償還されないものもあります。1か月に必要になる費用は、施設の設備などで異なり、介護サービス料なども含め、15万円~30万円程までと、公的な施設よりも高額になります。

有料老人ホームの1日の流れ

起床→朝食→体操など→昼食→レクリエーションやクラブ活動など→ティータイム→夕食→就寝


強制されず、楽しく過ごせるよう考えられています

公的な施設と比べるとかなり自由なスケジュールです。体操やレクリエーションなども必ず参加しなくてはいけないものではなく、1日談話室でおしゃべりでも良いなど、自宅と同じ様に楽しく過ごせるよう、個人の自由にしているところが多くみられます。入浴は自力で入る事が出来なくなれば、最低でも週に2回は介助にて入浴や清拭が行われるように決められています。


介護付き有料老人ホームのメリット・デメリット

介護付有料老人ホームのメリット

公的な施設では、入所条件で要介護1以上の認定が必要ですが、有料老人ホームでは、介護認定を受けていない健康な人でも入居可能である場合が多く、入居後に介護が必要になれば、即サービスが受けられ、施設入所のための待機が発生しません。また特養のように終の棲家となります。居室が広く、また施設自体も豪華な設備になっており、ゆったり快適に過ごしながら、介護を24時間受ける事が出来ます。


介護付有料老人ホームのデメリット

入居時や月々の費用が高い事が一番のデメリットと言えるでしょう。入居一時金は償還されますが、償還率などは施設により異なり、トラブルになる事も多くあります。民間運営であり、公的な補助を受けられないため、最悪倒産する可能性もあります。また夜の介護人員が少なく、体制が整っていない施設が多くみられます。


有料老人ホームの選び方

料金はしっかり確認しましょう

民間運営であるため、有料老人ホームは費用がかかります。公的な施設とは異なり、入居一時金だけでなく、その他の名目で徴収される費用も多く発生します。トラブル回避のためには、料金をしっかり確認しておきましょう。口頭だけの説明では水掛け論になります。書類できっちり説明している施設を選びましょう。


施設の見学や体験入居などをしてみましょう

見学はどこでも可能と思われます。施設によっては体験入居が数日出来る所もありますので、利用してみましょう。自分に合った、また家族に合った施設であるかを、体験し、納得した上で入居を決めるようにしてください。

豪華な設備に惑わされず、職員の対応の仕方や食事内容、掃除が行き届いているか、嫌な臭いがないかなども確認が必要です。有料老人ホームでは、入居者同士のトラブルが見られる場合もあります。入居後には一緒に暮らす人となりますので、体験入居が出来る場合は、そこに住んでいる人についてもしっかり確認しましょう。





このページの
上へ戻る