認知症対応型通所介護(デイサービス)

認知症対応型通所介護(デイサービス)とは

認知症対応型通所介護とは、認知症の方が、デイサービスの事業所を訪れて行う入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となるサービスや機能訓練(認知症の利用者を対象にした専門的なケアや作業療法等の実施)をいいます。


また精神的・身体的な部分の機能回復だけでなく、自宅に引きこもりがちになる認知症高齢者の社会的な孤立感を解消したり、家族の介護負担を軽減(レスパイトケア)することも目的としています。要介護・要支援いずれの方でも利用できます(要支援1・2の場合は「介護予防認知症対応型通所介護」といいます)




認知症対応型と普通の通所介護(デイサービス)の違い

認知症対応型通所介護は「地域密着型サービス」

認知症対応型通所介護は「地域密着型サービス」という区分になります。
地域密着型サービスとは、高齢化が進み、今後一人暮らしや高齢者のみの世帯が増加する事を踏まえ、いずれ要介護状態となっても高齢者が住み慣れた地域で介護サービスを受けながら生活できるよう支援する事を目的に2006年の介護保険法改正の際に導入された介護保険サービスのカテゴリの1つです。

他に代表的なものでは小規模多機能型居宅介護や認知症対応型共同生活介護(いわゆる「グループホーム」)があります。

>>グループホーム(認知症対応型共同生活介護)についてはこちら


認知症となっても住み慣れた地域で生活をしていく

「住み慣れた地域で…」とあるように、地域密着型サービスは基本的には現在住んでいる地域(基本的には市町村単位)にある事業所を利用します。逆に、自治体の枠を越えた利用は想定されていません(厳密に言えば居住地域外の事業所でも、事業所のある地域の自治体が認めれば可)。

一方で普通の通所介護は、事業所と利用者が合意すればどんなに遠くの施設であっても利用可能です。


普通の通所介護との基準の違い

認知症対応型通所介護の利用にあたっては「医師による認知症の診断」が必要で「認知症高齢者の日常生活自立度」にて一定レベル以上を満たす必要がある市町村もあります。

認知症対応という特性から、制度上人員配置が手厚く設定(定員12名以下)されている反面、利用単価も普通の通所介護より高くなっています。その分普通の通所介護より認知症ケアという側面からの支援が手厚く望めます。

これは、普通の通所介護の事業所の殆どが人員配置基準ギリギリ(利用者1人あたり3㎡・利用者5人に対して職員1名等の基準さえ満たせば定員は何人にでも出来る)で運営されている現状があるため、そのような中では適切な認知症ケアが保てない(人手不足で個別対応が難しい・利用者の数が大人数である等の理由で認知症の方が馴染みにくい)という事も背景として挙げられます。


専門性と手厚さで認知症利用者を支援する

認知症対応型の最大の特徴は、利用者が専門的な認知症ケアを手厚く受けられる、また、その人らしく在宅で生活していくための支援を受けられるという点にあると思われます。

例えば日常生活で行う掃除や洗濯や調理といった活動を大人数の中で個別に行うことは難しいですが、職員が寄り添いながら周りを気にすることなく本人様のペースで出来るとしたら、その質や満足感は他のサービスとは比較にならない程になるでしょう。


事業所の選び方について

その方に合った事業所をみつけるために

 現在はインターネットが普及し、介護施設も公的なサイト(例えば都道府県管轄のサイト等)で情報公開を行う事が義務づけられるほどになっています。ですが、文面や画像で取得できる情報はほんの一部分です。

ですので、地域包括支援センターや、ケアマネジャー等へ相談し、いくつかの事業所を体験利用する事もおすすめです(現在は体験利用に対しての国や都道府県の考え方が以前と比べシビアとなり、無料での一日体験が難しくなっている地域もありますが「食事代のみ負担」など比較的安価に利用体験できる事業所もありますので、ご本人に合った事業所を選択する事も1つの手段と思われます)。

認知症は早期に対応する事で軽度の状態を比較的長く保つことのできる疾患です。出来るだけ在宅でその人らしく生活できるようにしていく事が、認知症高齢者の方のためにできる最良の支援ではないでしょうか。






このページの
上へ戻る