草加市 無料の平成28年度認知症検診を実施

2016年6月16日

「脳の健康度チェック票」と医師による診察

埼玉県の草加市が認知症検診を実施している。この認知症検診は認知症の早期発見、早期治療のために行われており、指定医療機関に置かれている「脳の健康度チェック票」に記入ののち、医師の診察を受けることとなっている。

自分らしく住み慣れた地域で暮らし続けるために

同市では認知症になったとしても、自分らしさを大切に、住み慣れた地域で暮らし続けるための支援事業として、認知症とその患者への正しい知識を備え見守る認知症サポーターを養成する講座を実施している。

また、行政機関やガス会社、郵便などの民間事業者の協力により行われている高齢者見守りネットワーク事業では、高年者の異変の早期発見に努める取り組みなども行っている。

健康保険証とお薬手帳を持参

この認知症検診を受けられるのは、昭和31年4月2日から昭和32年4月1日までに生まれた60歳の人、または昭和27年4月1日以前に生まれた65歳以上の人で、同市に住所のある人となっている。

検診費用は無料、期間は12月16日までで、健康保険証、お薬手帳の持参が求められている。「脳の健康度チェック票」が置かれている実施医療機関などについては、以下リンク先の草加市ウェブサイトで確認を。

▼関連記事
「認知症ねっと」を運営する株式会社エス・エム・エスが 埼玉県認知症サポート企業に!

▼外部リンク
草加市 平成28年度認知症検診のご案内


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る