鉄道での認知症患者事故をめぐり家族の責任範囲検討開始

2016年6月9日

家族の負うべき責任範囲について検討

平成28年5月31日、鉄道の事故において認知症患者が関わった場合その責任の所在を、鉄道会社と認知症患者の家族どちらによるべきか、厚生労働省等といった関連省庁が対応策を検討していくことを決定したと報道された。

認知症患者が関わる鉄道事故の件を受けて

同年の3月に下された、認知症患者の鉄道事故に対する最高裁判所の判決に代表されるように、認知症患者に関係するトラブルや事故等が表在化してきている。そして、こうした場合その責任の所在が認知症患者家族に問われることが多い。

しかし、実際は密接な関係でも徘徊(はいかい)等といった全ての症状に対応できるはずもなく、その全てにおける責任の所在を家族にもとめるのは現実的とは言えない。

こうしたことを踏まえ今回、認知症患者を抱える家族に責任の範囲を明らかにするため、検討していくこととなった。

事例対象は幅広い

今回、検討の対象となるのは上であげた鉄道事故に限らず交通事故や、ふだんの生活でのトラブルについても情報収集及び分析がなされる。

加えて、これらに関して有識者へのヒアリングも行われる予定だ。

▼外部リンク
厚生労働省

▼関連記事
認知症患者による過去の鉄道事故まとめ

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る