鹿沼市 認知症ケアパスを作成・公開中 広報に添付

2016年6月10日

「広報かぬま6月号」に添付された認知症ケアパス

5月23日、栃木県の鹿沼市は認知症の人がいつまでも住み慣れた地域で暮らし続けるための認知症ケアパス(認知症の手引き)を作成したと発表した。この認知症ケアパスは5月25日発行の「広報かぬま6月号」に添付されている。

思い当たる点はありませんか?

認知症高齢者の増加の対策として、厚生労働省は「認知症施策推進5か年計画」、通称「オレンジプラン」を策定、全国の各自治体はこの計画に従い、認知症の進行度ごとに、当事者や家族がどこで何をすべきかをまとめた認知症ケアパスを作成している。

この鹿沼市の認知症ケアパスでは、「新しいことが覚えられない」「時間や場所がわからない」などの認知症の症状の紹介、自分自身や家族が認知症に気づくための11のチェックすべきポイントが記されている。

また、認知症の人などが相談できる窓口、利用できるサービスなども記載されている。そして、介護を行っている家族のための「鹿沼市介護者の会(認知症の人を抱える家族の会)」も紹介されている。なお、同市のこの認知症ケアパスは、以下リンク先の鹿沼市のホームページでも閲覧できるようになっている。

▼関連記事
栃木県矢板市 平成27年度より健康診断に認知症検査を導入

▼外部リンク
認知症ケアパス(認知症の手引き)を作成しました!


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る