認知症カフェ開設補助金の申請を受付中~世田谷区役所

2016年6月3日

申請は6月中に

東京・世田谷区役所では、認知症カフェを新たに開設する団体に対して、費用の一部を補助する制度の申請を受け付けている。

対象とする団体は、世田谷区内に事務所があり専門的な認知症ケアを行う法人、世田谷区の5人以上で構成される区民団体で同区内にて家族会を運営したりボランティア活動を行うもの。

そのうち、平成28年度中に認知症カフェを新規開設し、およそ月1回以上、定期的に認知症カフェを運営する団体に対して補助を行う。

補助は、認知症カフェの開設および開設初年度に必要とされる経費で、1団体あたり上限10万円。

具体的には、コーヒーメーカー等開設に必要な備品費、ポスターや看板等開設に必要な製作費、認知症に関する知識又は経験を有する等の外部講師への謝礼、開設初年度に必要な消耗品費。

6月1日から6月30日までの間、申請を受け付ける。

世田谷区の認知症カフェ

この補助事業で対象とする認知症カフェとは、認知症の人および家族が地域の身近な場所で気軽に参加し、介護福祉士や看護師等の医療保健福祉に関する国家資格を有する者等の専門職への相談や地域住民との交流ができる場所、としている。

世田谷区には4月現在、16カ所の認知症カフェがある。名前や所在地等の詳しい情報は世田谷区役所のホームページに、表やマップとして掲載されている。

▼関連記事
認知症カフェ開設のノウハウが詰まった書籍が発売~「認知症カフェ読本」
健康診断としてオススメ!電話で10分の認知症検査

▼外部リンク
認知症カフェの開設を支援します | 世田谷区
補助事業の手引き[pdf]
認知症カフェについて | 世田谷区

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  7. 7高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る