認知症カフェ開設のノウハウが詰まった書籍が発売~「認知症カフェ読本」

2016年6月3日

疑問点や悩みについてQ&A形式で

中央法規出版株式会社(中央法規出版)は4月、書籍「認知症カフェ読本 知りたいことがわかるQ&Aと実践事例」を発行した。

「認知症カフェ読本 知りたいことがわかるQ&Aと実践事例」は、これから認知症カフェを開設する、あるいは認知症カフェの運営・維持を行っている事業者や団体向けに書かれたもの。

書籍の前半では、認知症カフェに適した立地や環境から運営資金、研修、プログラムの工夫など、認知症カフェを開設、継続するための方法を紹介。

Q&A形式で執筆されており、知りたい点や疑問点などに対して分かりやすく解説されている。「インテリアや音楽(BGM)について」といった細かな配慮への疑問点や、「参加者がなかなか増えない」等の悩みについても解説されている。

国内外の実例を掲載

書籍の後半は、日本をはじめオランダ、イギリスといった国外の実例を掲載。本人と家族のための認知症カフェについて6例、オープンなスタイルの認知症カフェについて5例紹介されている。

冒頭には「認知症カフェ開設と継続のための10steps!!」として、認知症カフェの開設から運営までの概要とポイントがひと目で分かるよう、まとめられている。

著者は矢吹知之氏。B5版204ページ。価格は税込みで2,160円。

▼関連記事
岡崎市 認知症カフェ(オレンジカフェ)実施事業者募集
健康診断としてオススメ!電話で10分の認知症検査

▼外部リンク
認知症カフェ読本 中央法規出版

▼購入はこちらから


このページの
上へ戻る