岡崎市 認知症カフェ(オレンジカフェ)実施事業者募集

2016年5月13日

誰もが参加できるオレンジカフェ

愛知県の岡崎市が認知症カフェ、通称オレンジカフェを開設し、運営する事業者を募集している。このオレンジカフェを運営する団体には同市から補助金が交付されることとなっている。

オレンジカフェとは、認知症の人や家族をはじめ、地域に住んでいる人など、誰もが立ち寄ることができる場所のこと。このオレンジカフェでは、情報交換などを通して、認知症という病気やその患者に対する理解を深めることができる。

認知症の相談に対応できる人が必要

同市でオレンジカフェを運営し、補助金が支給されるのは、同市内に事業所かあるか、居住している人。そして、認知症についての相談に応じ、支援できる人、認知症についての啓発活動を行うことができる人などとなっている。

また、年4回以上オレンジカフェを開き、その時間が1回2時間以上であり、医師や看護師、認知症地域支援推進員など、認知症の相談に対応できる人を1名以上配置する必要がある。

このオレンジカフェ開設を希望する事業者は、同市ホームページからダウンロードできる各種書類に必要事項を記入、提出先は長寿課予防班となっている。詳しい情報は以下リンク先の市のホームページで確認を。

(画像は岡崎市のホームページより)

▼関連記事
全国各地の自治体の認知症受け入れ準備まとめ

▼外部リンク
認知症カフェ(オレンジカフェ)について

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る