札幌市 「認知症ガイドブック」などを公開中

2016年5月24日

札幌市では高齢者の人の10人に1人が認知症

北海道の札幌市が「札幌市認知症ガイドブック」と「若年性認知症の人と家族への支援の手引き」を札幌市公式ホームページで公開している。また、同ホームページでは、認知症の予防や治療についても記されており、その他、札幌市認知症サポート医登録者名簿では医師の氏名、所属医療機関などが確認できるようになっている。

2014年5月31日の時点で、同市における認知症高齢者は48,200人であり、これは同市に暮らす高齢者の人の10人に1人が認知症であることを示している。そして、今後の増加も予想され、2025年には高齢者の人の7人に1人が認知症の人になってしまう可能性もある。

事例や体験談を交えて紹介

早く治療を開始すれば、進行を遅らせたり、症状を軽くできたりする認知症では、その早期発見が必要なことから、市は認知症の基礎知識などをまとめた「札幌市認知症ガイドブック」を作成、公開している。このガイドブックでは、各サービス利用の流れや、家族としての支え方などが事例を交えて紹介されている。

また、「若年性認知症の人と家族への支援の手引き」では、64歳以下で発症する若年性認知症の概略や受けられる各種サービス、医療費などのことが、体験談を含めて紹介されている。これらの閲覧、ダウンロードは以下リンク先の札幌市公式ホームページから。

(画像は札幌市公式ホームページより)

▼関連記事
「ふまねっと運動」で歩行機能と認知機能に改善効果あり!札幌から普及中。

▼外部リンク
認知症を知る


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る