認知症専門番組をスマホで聞ける~ラジオNIKKEI

2016年5月13日

経験豊富なパーソナリティ2人による「介護の憩いの場」

ラジオNIKKEIでは、毎週水曜日の16:45~17:15に「知ればナットク、認知症」を放送している。リアルタイムでは短波ラジオかradiko.jpのホームページやスマホアプリで、過去の番組はiTunesのポッドキャストか専用ホームページで聞くことができる。

「知ればナットク、認知症」は、その道のパーソナリティ2人が、番組が“介護の憩いの場”となるよう、認知症医療と介護について話題を提供している。

パーソナリティは、横浜市立大学医学部名誉教授の小阪憲司氏と介護ジャーナリストの小山朝子氏。

小阪憲司氏は、1976年にレビー小体型認知症の症例を世界で初めて報告した功績を持つ。著書多数。

小山朝子氏は、20代から10年近くにわたり洋画家の祖母を介護した経験を持つ。情報サイト「All About(オールアバウト)」の「介護福祉士」ガイドなどもつとめている。

番組内容は

これまでの放送の音声は、radiko.jpのホームページで聞くことができる。

4月20日放送では、「認知症を知ろう」のコーナーで「アルツハイマー型認知症とは」と題してパーソナリティが情報を提供している。また、「介護あれこれ」のコーナーでは「介護における制度の1回目」として放送されている。

「リスナートーク」のコーナーは、番組リスナーから寄せられた疑問・質問・相談等に答える形で、また「インフォメーション」のコーナーでは、介護に有用な情報を提供している。4月20日放送では失禁についてであった。

▼関連記事
小阪憲司氏の公開講座「知っていますか? レビー小体型認知症」開催

▼外部リンク
知ればナットク、認知症 | ラジオNIKKEI

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る