認知症カフェや啓発など認知症見守り活動への補助金交付~高知県

2016年4月30日

経費への補助が最大で15万円

高知県庁は4月5日、高知県認知症高齢者見守り活動等事業費補助金交付要綱(認知症見守り活動事業費補助金交付要綱)を制定したとホームページで発表した。

それによれば、高知県内で認知症高齢者等の見守り体制等の整備を行う事業や、地域住民への支援・交流促進事業を行うにあたり、かかった費用に対し最大で15万円を補助金として交付する。

対象とする費用は、報償費、旅費、食糧費を除く需用費、役務費並びに使用料及び賃借料。

想定する事業は

見守り体制などを整備する事業として想定しているのは、見守りネットワークづくりや自宅を訪問するなどの見守り活動、徘徊模擬訓練、認知症カフェやつどいの開催といった”居場所づくり”、傾聴ボランティア活動など。

また地域住民への支援や交流を促進する事業としては、認知症啓発活動や在宅介護の支援、認知症高齢者と地域住民との交流などを想定している。

補助を受けられる事業者は、特定非営利活動法人(NPO)や市民活動団体、ボランティア団体、町内会などの任意団体、各種社団・財団法人、社会福祉法人などで、県内に事業所を有していること。

この認知症見守り活動事業費補助金交付要綱は、平成29年5月31日まで有効。

▼関連記事
地域包括ケアシステムとは

▼外部リンク
高知県庁ホームページ
交付要綱[pdf]

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る