壬生町 「認知症ケアパス」「若年性認知症ケアパス」を作成公開

2016年4月25日

新オレンジプランに基づく認知症ケアパス

栃木県下都賀郡の壬生町は4月11日、町の公式サイトにて、「壬生町認知症ケアパス」と「壬生町若年性認知症ケアパス」を作成したと発表した。

これらは同ページより閲覧が可能で、進行度ごとに行うべきこと、受けられるサービスなどが確認できる他、認知症になりにくい生活習慣なども紹介されている。

2025年には団塊の世代が75歳以上となることから、厚労省などはできる限り、認知症高齢者が住み慣れた地域で暮らすための総合戦略である新オレンジプランを策定している。壬生町はこの策定内容に合わせ、町が取り組む施策として「壬生町認知症ケアパス」などを作成した。

若年性認知症の正しい理解に

また、65歳未満で発症する若年性認知症は、一般的な老人性認知症と比較すれば、その数は少ないものの、発症者が働き盛りの年齢であり、周囲にこの病気が理解されていない場合も多いことから、当事者や家族の経済面の問題や精神面のストレスは大きくなってしまう。

壬生町は若年性認知症の正しい理解のために、この「壬生町若年性認知症ケアパス」を作成したとしている。

(画像は壬生町の公式サイトより)

▼関連記事
栃木県矢板市 平成27年度より健康診断に認知症検査を導入

▼外部リンク
認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づく認知症ケアパスの公表について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  9. 9認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  10. 10趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
このページの
上へ戻る