本人の様子に応じた支援をまとめた「認知症ケアパス」福知山市版完成

2016年4月22日

支援体制の一覧を伝えるだけでなく、啓発目的にも

京都府の福知山市役所では、認知症でも安心して暮らせる地域づくりを実現するため、「福知山市認知症ケアパス」を制作し、同市役所ホームページで発表した。

「福知山市認知症ケアパス」とは、家族や地域の人間が認知症になった場合に、認知症の状態に応じてどのような支援が福知山市で受けられるかを一覧にしてまとめたもの。相談窓口の連絡先も一部抜粋して掲載されている。

また、「福知山市認知症ケアパス」を手にとって認知症を理解してもらう、という啓発の視点も企図している。

通り道を意味する「パス」 その内容は

「福知山市認知症ケアパス」では、認知症を「初期」「中期」「後期」の3つのステージに分け、それぞれのステージにおける本人の様子、対応のポイント、福知山市で受けられる支援体制、を一覧にまとめている。

例えば初期は、日常生活に見守りや声掛けが必要なステージとし、本人の様子は「同じことを何度も言う、探し物が増える」「今日の日にちが分からない」など9項目を挙げている。

対応のポイントは「同じ話であることを指摘しない、修正しようとしない」「カレンダーに記入する」など14項目が記されている。

支援体制としては、「地域のサロン・老人会」など交流の場への参加や「認知症サポーター養成講座」受講で認知症を正しく理解する、としている。

認知症ケアパスは、ホームページに掲載されているほかに、福知山市役所高齢者福祉課、及び各地域包括支援センターに置かれている。

▼関連記事
自主性と定住を重視「京都式オレンジプラン」

▼外部リンク
福知山市


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る