ハンセン病療養所入所者約4分の1が認知症

2016年4月18日

全国のハンセン病療養所入所者のおおよそ4分の1が認知症

平成28年4月2日、全国のハンセン病療養所において暮らしている入所者のうち、おおよそ4分の1にあたる約26%が認知症を抱えていることが、全国ハンセン病療養所入所者協議会調べによって判明した。

なお、現在の入所者の平均年齢は83歳以上と高齢化の傾向にある。

入所者のうち4人に1人が認知症を抱える

今回行われた調査結果によると、全国13の療養所における入所者は1,609人となっておりうち26.4%である454人が、認知症を抱えているという。

このうえ、26.9%が要食事介助であり8.7%が寝たきりという現状にあるのだ。

またこの背景には、様々な理由から療養所にとどまるものが多いのと高齢化がともにある。

2018年度までに介護職員を入所者1人につき1.5人を目指す

こういった現状を踏まえ、厚生労働省は2018年度までに事務職員を減らしたうえで、介護にあたる職員を入所者1人あたり1.5人となるよう増やしていく方針だ。

入所者らからも、認知症の症状自体進行するにつれより手厚いが必要となることから、一層の支援充実が求められている。

(画像はイメージです)

▼関連記事
ハンセン病に用いられる抗生物質リファンピシンに認知症の予防効果を確認

▼外部リンク
国立ハンセン病資料館


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る