M2マクロファージ移植に認知症改善の可能性

2016年4月6日

M2マクロファージ移植の効果

Dan Zhuらの研究チームは、アミロイド-β治療中のマウスにM2マクロファージ移植を行う実験の結果を公表した。

研究結果は、3月16日に公刊された「Journal of Alzheimer’s Disease」上で発表されている。

マウスを用いた実験を実施

M2マクロファージ移植は、これまで神経変性の病気において、神経保護効果があることが報告されてきた。

そこで研究チームでは、アミロイド-β治療中のネズミに対し、M2マクロファージ移植を実施し、神経保護効果があるか否か、そしてその潜在的メカニズムをついて調査を行った。

マウス実験では機能改善を示す

アミロイド-βのマウスへのM2マクロファージ移植によって、マウスの脳内の微小環境下において、認識機能の損傷、ニューロンの損傷及び炎症に変化・改善をもたらすことが明らかになった。

(画像はIOS PRESS HPより)

▼関連記事
アルツハイマー病では記憶が失われていない可能性 理研が発表

▼外部リンク
IOS PRESS


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症進行、自宅で予防するアプリ
  8. 8シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  9. 9認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  10. 108/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
このページの
上へ戻る