M2マクロファージ移植に認知症改善の可能性

2016年4月6日

M2マクロファージ移植の効果

Dan Zhuらの研究チームは、アミロイド-β治療中のマウスにM2マクロファージ移植を行う実験の結果を公表した。

研究結果は、3月16日に公刊された「Journal of Alzheimer’s Disease」上で発表されている。

マウスを用いた実験を実施

M2マクロファージ移植は、これまで神経変性の病気において、神経保護効果があることが報告されてきた。

そこで研究チームでは、アミロイド-β治療中のネズミに対し、M2マクロファージ移植を実施し、神経保護効果があるか否か、そしてその潜在的メカニズムをついて調査を行った。

マウス実験では機能改善を示す

アミロイド-βのマウスへのM2マクロファージ移植によって、マウスの脳内の微小環境下において、認識機能の損傷、ニューロンの損傷及び炎症に変化・改善をもたらすことが明らかになった。

(画像はIOS PRESS HPより)

▼関連記事
アルツハイマー病では記憶が失われていない可能性 理研が発表

▼外部リンク
IOS PRESS


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る