アルツハイマー病では記憶が失われていない可能性 理研が発表

2016年3月19日

理研が研究を実施

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センターの研究チームは3月17日、アルツハイマー病で記憶そのものが失われていない可能性があることを明らかにした。

アルツハイマー病とは記憶障害から始まり、最終的には認知機能全般が低下する病気である。アルツハイマー病にかかると、脳の海馬やその周辺で神経細胞の変性が起こることがわかっていた。しかし、記憶障害が「新しい記憶を形成・保存できないため」か「形成した記憶を思い出せないためか」は不明だった。

記憶の復元に成功する

そこで理研の研究チームは、アルツハイマー病モデルマウスの失われた記憶を、光遺伝学を用いて人為的に復元する実験を行った。

実験の結果、アルツハイマー病モデルマウスが記憶を正常に形成し、保存していること、そしてその記憶が想起できなくなっていることを研究チームは明らかにした。

また、神経細胞によって形成されるスパインという構造を、光遺伝学を用いて修復することによって、記憶想起が正常化することも明らかにされた。

研究チームのリーダーである利根川進センター長は「これらの細胞から記憶を取り出す技術が開発されれば、障害を軽減できるかもしれません」と語っており、今後の研究の進展に期待が寄せられる。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
【認知機能エクササイズ!】話題の認トレで今日から始める予防習慣!

▼外部リンク
理化学研究所


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症進行、自宅で予防するアプリ
  8. 8シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  9. 9【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  10. 108/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
このページの
上へ戻る