砂川市で認知症ささえあい手帳を作成

2016年3月21日
認知症ささえあい手帳

認知症の基礎知識や予防法、地域支援を冊子に

北海道砂川市では、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らすことができる地域づくりを目指して認知症ささえあい手帳を作成した。

手帳は、認知症の当事者が認知症という病気を正しく理解し、その予防やそれぞれの段階で適切な支援やサービスを利用することができるよう冊子に取りまとめたもの

「ささえあい」名前に込められた想い

認知症は症状が軽いうちに気づき、適切な治療を受けることで進行を遅らせたり、場合によっては症状を改善することもできるといわれており、さらにサポートする方々の協力を得られるならば、住み慣れた地域で暮らし続けられる可能性が広がる。 認知症の本人や家族ではない人にも活用してもらい、認知症という病気を正しく理解することで、認知症の方や介護する家族を温かく見守り、支え合う気持ちが芽生えてくるという。

充実した内容

認知症ささえあい手帳は市のホームページからダウンロードできる。

認知症ねっと編集部も実際にダウンロードして読んでみたが、基礎知識や地域資源の説明、簡単に作成できる自己プロフィールシートまでついており、その内容は整理され充実している。

(画像は砂川市のホームページより)

▼外部リンク
北海道砂川氏ホームページ

▼関連記事
【認知機能エクササイズ!】話題の認トレで今日から始める予防習慣!


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る