魚介類がアルツハイマー病予防に効果を発揮する可能性

2016年3月7日

身近に存在した予防策

アルツハイマー病の予防に意外な救世主が登場かもしれない。

週に1回以上魚介類を食べることがアルツハイマー病の予防につながるという有意義な報告が海外の情報筋から持ち上がっているのだ。

日本国内でも認知症の原因として最もメジャーな存在といっていいアルツハイマー病だが、一度発症すると発症前の状態に戻す治療法はなく、その予防法や治療法があらゆる方面で研究されているが、いまだ確実な方法が発見されていないのが実情だ。

脳解剖による検証結果

今回の報告内容は、アメリカで過去に行われた認知症研究の対象者の内、死亡した554人の患者の遺体から脳解剖によって、アルツハイマー病と判断される要素が見られるかどうか調査する方法で明らかになった。

その結果、週に1回以上魚介類の摂取を行っている人のみに有意なアルツハイマー病の病理所見減少効果が確認され、神経原線維変化がより軽度かつ限局的な上に神経病理学的に定義される病態の発生率が低かったという。

これによって食生活がアルツハイマー病の予防となんらかの関係を持っている可能性が浮上し、食生活全体のバランスを整えた上で魚介類を適切な量食事に取り込むことが、アルツハイマー病の予防に効果を発揮するのではないかと思われている。

(画像はHPより)

▼関連記事
糖質だけじゃない脳と脂質の大事な関係!! 栄養士がお伝えする、コレステロールを積極的に取った実践レシピ[PR]

▼外部リンク
PubMed


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る