「認知症と図書館」シンポジウム開催(東京)

2016年2月9日

知的コミュニティ基盤研究センターとは

筑波大学、知的コミュニティ基盤研究センターは、高度情報ネットワーク社会での知的コミュニティ基盤の形成に係わる研究を行い、学術研究の進展と研究成果の社会への還元を図ることを目的に、2002年に創設された。

同センターは毎年、情報メディア、情報技術、知的コミュニティなどに関連するテーマでシンポジウムを開催している。本年度は、2016年3月7日、「認知症と図書館」をテーマに開催する。

開催時間は13時~17時で、会場は筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室 。参加費は無料で、誰でも参加できる。当日参加も可能だが、できるだけリンク先の参加登録フォームから事前の登録を呼びかけている。

シンポジウムの内容

プログラムは、同センターの呑海沙織教授による「認知症と図書館」に始まり、「認知症の理解と図書館サービス」、「コミュニティセンター図書館における認知症の人にやさしい図書館」と、各専門家による講演が続く。

休憩をはさんで、「地域包括ケアシステムと川崎市立宮前図書館における”認知症の人にやさしいサービス”の現状とこれから」、「セクターを越えた取り組み 『認知症にやさしい図書館プロジェクト』」 の講演と、最後に質疑応答・ディスカッションが予定されている。

高齢社会のなかで、私達の身近にある図書館が認知症とどのように係わるのか、大変興味深いシンポジウムである。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
地域包括ケアシステムとは

▼外部リンク
筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る