認知症予防に効果的な歩幅が測れる腕時計を開発

2016年2月7日

歩幅が測れる腕時計「グルス」

株式会社インテックは、歩行時の歩幅が測れるウォーキングウォッチ「GRUS(グルス)」を、2月上旬より販売開始すると発表した。

「グルス」は、東京都健康長寿医療センター研究所の医学博士谷口優氏監修のもとに開発された腕時計で、歩行時の歩幅を計測し、4段階で評価する。自分の歩幅を知り、日常的に「広い歩幅」を意識することで、認知症の予防に役立てる。

歩幅が狭い人は広い人の3.4倍のリスク!

谷口氏が2013年に発表した研究結果によると、赤血球数、HDLコレステロール値、アルブミン値など血液のバイオマーカーが認知機能低下に関連し、歩幅が狭いことも認知機能低下につながることが明らかとなった。

同研究所では、認知症が疑われる人を除いた70歳以上の666人を対象に、約3年間の追跡調査をおこなった。その結果、歩幅が狭い人は広い人に比べて、3.4倍も認知機能低下のリスクが高いことがわかった。女性の場合は、さらにそのリスクが5.8倍となった。

認知機能の低下は、脳の中で発生する小さな異変に起因するとされ、その結果脳と足にスムーズな情報伝達がおこなわれなくなり、歩幅が狭くなるといわれている。歩幅が狭い人は、将来的に認知症を発生する可能性が高いということになる。

歩幅の年代別目標値データを搭載

「グルス」は、時刻・歩数・歩幅・計測・記録の5つの機能を備えた腕時計で、自分の歩幅を把握し、歩幅を意識的に広げるウォーキングに役立てることができる。研究データをもとに開発された歩幅の年代別目標値も搭載。

性別や年齢、体格などで異なるが、おおむね「65cm」以上が広い歩幅とされており、横断歩道の白線を踏まずにまたいで歩ければ、歩幅が広いといえるようだ。

日頃から自身の歩幅を把握し、より広い歩幅で歩く努力を続けることが、将来的な認知症予防につながるのかもしれない。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症予防に効果的な歩数

▼外部リンク
グルス 公式サイト
グルス プレスリリース(PRワイヤー)[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る