アルツハイマー病の初期診断に期待 ~凝集性タンパク質の新たな計測手法を開発~

2016年1月8日

情報通信研究機構らの研究グループ

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、北海道大学、大阪大学は、12月22日、細胞内タンパク質の動きを調べる新たな計測手法を開発したと発表。

これにより、アルツハイマー病の原因となる凝集性タンパク質形成の初期段階において発症の診断ができる可能性が出てきた。

SSPDカメラの活用

研究グループは、独自に開発した検出器「超伝導ナノワイヤ単一光子:SSPD」を蛍光相関分光顕微鏡のカメラとして使うことで、「回転拡散」成分を検出することに成功。これにより、タンパク質が凝集する最初の段階において、容易にその形状の特定が可能だ。

これらの計測方法は、凝集性タンパク質を原因とするアルツハイマー病やプリオン病など神経変性疾患の初期診断には、きわめて有効な手法となる。また、今回の結果から、主に通信分野で利用されてきた「SSPDカメラ」を、医療分野で活用することも期待されている。

計測精度の向上を

今回おこなった実験では、人工的に合成したものを使用したが、今後は実際にタンパク質多量体を用いて実験をおこなっていく予定。さらに、SSPDを多ピクセル化することで不感時間を短縮、計測精度の改善をはかっていく。

この研究成果は、米国科学誌 Optics Express に、12月14日付けで掲載された。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
アルツハイマー型認知症とは
岩田淳先生インタビュー[第8回 進むアルツハイマー遺伝子の研究]
認知症の前段階MCIを簡単に検査

▼外部リンク
国立研究開発法人情報通信研究機構 プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る