「別人のようにいきいきとしています」(ホームインステッド認知症ケアサービスご利用者の声)

2015年11月4日 PR

離れて暮らすお母様が入院をきっかけに認知症状の進み具合が心配になったRさん。お母様の退院後にサポートをしてもらいたいと思い、長時間の見守りサービスを提供してくれる「ダスキンホームインステッド」を選びました。
ホームインステッドのスタッフのおかげで、今では別人のようにいきいきと生活されているそうです。ご本人だけではなく、家族を支えてくれるケアサービスにとても満足されたとのこと。Rさんご家族が受けたホームインステッドの認知症ケアとはどういったものなのか、ぜひご覧ください。

ホームインステッドのサービスを利用したきっかけ

私の母は80歳代で独り暮らしをしていました。脳梗塞が原因で入院し、その後退院できたのですが、自宅で転倒し大腿骨を骨折したことで、再び入院することになってしまいました。以前から軽い認知症の症状はありましたが、再入院の間に行動が制限されたためか、退院時にはその症状がかなり進んでいるように感じました。

母の退院後、入院前の生活に戻れるようにそばで介護したかったのですが、家庭の事情で一緒にいられる時間に限りがあり、満足にケアでないことにとても悩んでいました。特に退院当初は、寝たきりで一人では動けないことで、母も不安がっていました。寝たきりによる不安と認知症のせいで、母の状態は不安定になっていました。

骨折しているうえ、認知症の症状が進んでいる母のことが心配で、独りで生活させることもできず、とても悩んでいました。母は、言葉で表現できないもどかしさから、混乱して私の胸倉を掴むこともあり、つねられたり、引っかかれたりと、本当につらい時期がありました。

母にその自覚がない状態だったので、私もどう対応したらいいのか分からず、途方にくれていたのですが、知り合いから長時間の見守りサービスを提供してくれるダスキンホームインステッドのことを教えてもらい、利用することを決めました。

ホームインステッドのスタッフがしてくれたこと

まずお願いしたことは、家事全般と母の身の回りのお世話を行うことでした。不安定な状態から、昼間夜間の見守りもお願いすることにしました。

サービス利用当初、母の意識は混沌としていて、話しかけても反応がない状態でした。さらに、寝たきりになっているため、排泄に大きな問題を抱えていました。

寝たきりの母に対して、まずホームインステッドのスタッフがしたことは、五感を刺激するケアを行うことでした。視覚や聴覚、味覚、臭覚、触覚など、五感を刺激することで、身体の機能が活性化するようです。

スタッフの方は母の耳元で歌を歌ったり、話しかけたり、手を握ったりしていました。私にも手のひらや足の裏を軽くさすり、よい刺激を与える方法を教えてくれました。最初はなんの反応も示さなかったのですが、徐々に反応を示すようになり、起き上がれる程度に回復してきました。

特に嬉しかったのが、排泄が上手くいくようになったことでした。声に反応して起き上がれるようになったことで、便座にまっすぐ座れるようになり、排泄が容易にできるようになりました。

  さらに、スムーズに排泄できるようになったことで、排泄のタイミングも安定し、辛そうにしている母が少しだけ笑顔を見せるようになりました。

スタッフ同士がしっかりと繋がっていることでできる認知症ケア

母のケアをしていただくにあたり、「人生の記録」という認知症ケアの専門ツールをホームインステッドの方から頂きました。これは、スタッフが母のケアをしていて、気づいたことを記入し、家族や他のスタッフと情報を共有するためのものです。認知症の症状により母が不穏な状況になった時は、「人生の記録」に記入された情報を用いて、症状を落ち着かせるなど有効に活用しています。

母のところに行った際には、最初に「人生の記録」を手にとって読んでいます。「人生の記録」でどのようなケアをしてくれているのか、サービス中に知り得た情報やケアの内容が細かく記載されています。母に関するいろいろな情報を知ることができ、ケア方法が見えることで、私の安心にもつながっています。

ある日の記録にこんなことが書いてありました。スタッフが母を車椅子で散歩に連れて行ってくれたときのことです。公園の穏やかな風に刺激されたせいか、急に昔住んでいた地名を発したそうです。それを隣にいたケアスタッフの方が「人生の記録」に記載してくれたことで、別の日に来たスタッフが、その地域に関連する絵やお話をしてくれました。

スタッフ間できちんと母の情報が共有されており、その地域の川や山などの名前を使って会話を続けてくれました。 最初は言葉を全然しゃべろうとしなかったのですが、スタッフの方に対して、反応を示すようになりました。

だんだんと、家には果物の木があったことや、祖父と一緒に遊んだはなし、川で遊んだ思い出をポツリポツリと話すようになりました。これをきっかけにして、母の意識が徐々にはっきりとしてきました。 私も知らなかった、母の子供時代の思い出を「人生の記録」でみた瞬間は、思わず涙が出そうになりました。

認知症ケアによって穏やかになった今

サービスを利用する以前の母は、なかなか言葉を発することができず、常に不安や混乱を抱えている状態でした。しかし、ホームインステッドのサービスを利用してから穏やかになり、ケアスタッフとの会話が増え、今では趣味にも関心を持つようになりました。

母はおしゃれや美容に興味があったことを思い出し、外に出たいとケアスタッフの方に伝えるようになりました。不安や混乱を抱えた状態からそこまで回復することができて、本当に嬉しく思いました。

今では車椅子に乗って外出ができるまでになりました。外に出たい意欲がどんどんあがってきたことで、趣味の美容室に行くようになり、退院した頃の母とは別人のようにいきいきとしています。これも、臨機応変に対応し、日常生活を支えてくれたホームインステッドのケアのおかげだと感じています。母だけでなく、家族の私も支えてくれるケアサービスにとても感謝しています。

(画像はイメージです)

在宅での認知症ケア 関連記事リンク

pc_h1

side_btn01 side_btn02 side_btn03 side_btn04 side_btn05 side_btn06

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る