認知症最新ニュース

笑顔で夫と会話ができるようになりました(ホームインステッド認知症ケアサービスご利用者の声) [PR]

2015年10月5日


  東京都にご在住のMさんの奥様は、認知症となった夫のMさんと2人暮らしです。奥様がMさんの介護に疲れ、悩んだ時に、ホームインステッドと出会いました。
 認知症ケアの専門教育を受けたスタッフと認知症専門ケアツールを用いたホームインステッドのケアのおかげで、Mさんの症状が改善し、笑顔で話せるようになったといいます。

 今では、Mさんもケアスタッフの方が来る時間になると玄関で待つようになり、訪問することを待ち遠しく思っているようです。臨機応変に対応してくれるホームインステッドのサービスにはとても感謝していますと話してくださったMさんの奥様に、ダスキン ホームインステッドの認知症ケアについて語っていただきました。


ホームインステッドを利用したきっかけ
 夫が認知症を発症していたことは分かっていたものの、それほど日常生活に影響がないため、介護保険の在宅サービスを使うこともなく、私が日々介護をしていました。しかし、数年に渡って介護を続けていると私自身が疲れてしまい、いわゆる「介護疲れ」という状態になっていました。

 そんなある日、私が脳梗塞になってしまい、入院しなければならなくなりました。幸いにして深刻な状態になることもなく、無事治療も終わり、退院することができましたが、退院してからは自分自身のことで精一杯で夫の介護まで気が回らなくなってしまったのです。今まで普通にやっていた家事も思うようにできなくなり、本当に悩んでしまいました。

 夫の介護も日々しなければならないため、介護保険のショートステイサービスを利用し、私自身の負担を減らそうと考えていました。しかし、1週間のショートステイを利用し、自宅に戻ってきた夫を見てびっくりしたことを今でも覚えています。 ショートステイを利用する以前と比べて、認知症が進行していたように感じたのです。

 一番顕著に現れていたのが、今までは自分自身でトイレに行っていたのに、戻ってくるとトイレに間に合わなくなっていたのです。日常の行動も少なくなり、日増しに余り動かなくなってしまいました。

 私の疲れと夫の認知症とで、本当に悩んでしまい、そんな時にホームインステッドと出会ったのです。

ホームインステッドのスタッフによるアドバイス
 まず、ホームインステッドにお願いしたことは、家事全般と夫の見守り、そして夫の話し相手になってもらうことでした。スタッフの方の対応も良く、サービスの内容については大変満足していました。

imasia_9225978_M

 しかし、スタッフの方が帰られた後は、私自身が夫との接し方がわからず、悩みを抱える日々が続いていたのです。夫はケアスタッフの方と話しをするときは色々と話をしているのに、何故私とは会話が上手くできないのだろう。とても悩んでいました。

  ホームインステッドのスタッフの方は、認知症のケアの専門研修を受けていると聞きました。その研修の中で、認知症の人と会話の方法を勉強するそうです。スタッフの方にその悩みを相談してみると、いくつかのポイントを教えてくれました。認知症の人と接するときに、怒らない、指摘をしない、否定をしないということを徹底しているそうです。

 スタッフの方が私に対して目線に立って教えてくれるので、とてもわかりやすかったです。今では、私も夫と笑って会話ができるようになりました。

ホームインステッドが活用している認知症ケア専門ツール
 夫のケアをして頂くにあたり、 「人生の記録」という認知症ケアの専門ツールをホームインステッドの方から頂きました。 このケアツールは、スタッフの方が夫のケアをしていて気づいたことを記入し、情報を共有するためのものなのですが、私達家族が知らなかった意外なことも知ることができ、見返すたびに新しい発見があります。

 ある日の食事のときに起きたことです。夫はかなり気分にムラがあり、日によって行動が違ったりします。その日の食事のデザートでプリンを出されたときのことでした。プリンとスプーンがテーブルの上にだされたのに、夫はプリンを食べずに手で掴んでしまいました。慌てたスタッフの方は、プリンにスプーンを刺し、食べるように促しました。そうすると、スプーンがあることが分かったのか、きちんとプリンを食べることができたのです。

 このときのことをスタッフの方が「人生の記録」に記載してくれたことで、別の日に来たスタッフの方も、デザートを出すときは、スプーンを食べ物に近づけて渡す方法を取っていました。

 「人生の記録」を使って、スタッフの間できちんと夫の情報が交換されているため、安心してケアを任せることができています。また、ホームインステッドサービスを利用しない日でも、私自身で「人生の記録」を見返すことで、今までの事例を参考し、夫のケアをすることにも大変役に立っています。

   「人生の記録」だけなく、ホームインステッドのスタッフの方は 「ミッケルアート」という道具を使って、夫と話しをしていました。 これは、回想法として、昔の懐かしい絵画など色んな絵画を見て、思い出を振り返えるコミュニケーションツールなのですが、 ここから会話が弾み、夫が自ら自分のアルバムを取り出してきたことには驚きました。色々な道具を使って夫のケアを行い、ケアの状況も細かく記録として残してくれるホームインステッドのサービスには本当に助かっています。

image03


認知症の進行が改善された現在
  サービス利用以前の夫は、家の中でもあまり動かず、外出することもせず、会話もないという状態でした。しかし、ホームインステッドのサービスを利用するようになり、夫がとても明るくなりました。

 今まではTVだけが話し相手だったのに、ケアスタッフの方との会話が弾んでいることにも驚きましたが、 今では自分から進んで外に散歩に行きたいと言っています。今では、ケアスタッフの方が来る日には、時間になると玄関で待つようになり、訪問することを待ち遠しく思っているみたいです。

 介護保険のサービスだけでは補えない部分を臨機応変に対応してくれるホームインステッドサービスにはとても感謝しています。



在宅での認知症ケア 関連記事リンク
pc_h1

side_btn01 side_btn02 side_btn03 side_btn04 side_btn05 side_btn06



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3回想と香りで認知症を予防する「脳活・ライフレビューノート」
  4. 4アルツハイマー病の最先端の情報、無料公開シンポジウム
  5. 5【日曜夕方放送】NHK Eテレこころの時代「介護×演劇」で認知症…
  6. 6認知症関連書籍 新刊案内 5/28
  7. 7【明日放送】NHKガッテン!「これが世界最先端!夢の認知症予防S…
  8. 8医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  10. 10【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
このページの
上へ戻る