認知症最新ニュース

松ヶ丘病院 認知症疾患医療センターを開始

2015年10月10日

「トレジャー」を創刊
島根県益田市にある松ヶ丘病院は、2015年10月1日から認知症疾患医療センターを開始した。

同センターでは、認知症の初期診断、BPSD治療、ネットワーク作りの3つの働きを担う。また、センターの役割などを伝えるために広報誌「トレジャー」も発行している。

松ヶ丘病院内に相談窓口を設置
認知症疾患医療センターでは、相談窓口を設置、精神保健福祉士が対応を行い、内容によって医師、看護師、他の医療機関、益田市と連携を取りながら認知症の相談に応じるという。

月曜日から土曜日まで電話相談を行っており、認知症患者を治療しているかかりつけ医と連携を取りながら後方支援を行う。

センターの目的は、鑑別診断を行い、認知症の早期対応へ導くこと。さらに、認知症患者の言動や行動がBPSDにあたり、薬物療法を用いて治療を行うべきなのかを見極め、BPSDの薬物治療を効果的に行う。

今後、医療介護関係者へ向けた研修や、医療介護連携協議会を行い、認知症に対する他応力の向上や連携に努め、認知症に対する情報発信を行っていくとしている。

認知症疾患医療センターの詳細
【専用電話】TEL:0856-22-8512
【場所】松ヶ丘病院内 相談窓口
【対応時間】月~金 8:00~17:00 土 8:00~12:00


▼関連記事
認知症で病院にかかる

▼外部リンク
松ヶ丘病院 新着情報



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【認トレ教室レポート】話題の脳トレ「ブレインHQ」を体験!@イオ…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは【第35回…
  5. 5NHKスペシャル シリーズ「私たちのこれから」認知症社会
  6. 6「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会[PR]
  7. 7【脳エクササイズ】世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
  8. 8カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  9. 9コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  10. 10中年期以降の物忘れを改善する内服薬が新発売
このページの
上へ戻る