アルツハイマー病の一部に感染病の可能性あり、との論文発表

2015年9月20日

30年前中止された成長ホルモン製剤

英国ロンドン大学の研究チームは、アルツハイマー病の原因とされているタンパク質「アミロイドベータ」が、かつて使われていた成長ホルモン製剤の投与によって感染していた可能性があることを、9月9日、英科学誌「Nature」電子版に発表した。

使用されていた製剤は、人間の遺体の脳下垂体から作られたもので、成長ホルモンとして投与されていたが、異常プリオンが含まれていたことから、難病のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)を発症することが分かり、30年前に使用が中止されていた。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)との関連性

研究チームは、CJDで死亡した36~51歳の患者8名の脳について病理検査をおこない、そのうち6名にアミロイドベータが蓄積していることが分かった。6名に、アルツハイマー病となる遺伝的要素はなく、同じ年代の他の解剖例ではそのような蓄積がほとんど見られないことから、ホルモン製剤の投与がアミロイドベータの蓄積に関与している可能性が考えられた。

ホルモン製剤は、1958年から1985年まで、全世界で約3万人に使用された。異常プリオンを含んだ製剤によるCJDは、主にフランス、英国、米国で発症し、2012年までに226の致命的な感染症につながっている。CJDは潜伏期間が長いため、今後さらに増える可能性があるということだ。

アルツハイマー病発症のメカニズム解明に

今回の研究により、CJDを発症させる成長ホルモン製剤に、アミロイドベータが蓄積する何らかの原因があるという可能性が示唆されたが、製剤を介して人から人へ感染することが実証されたというわけではない。

研究チームは、製剤を投与され、後にCJDを発症して死亡した別の患者についても、さらに研究を重ねていく方針だ。これらの研究が、アルツハイマー病発症のメカニズム解明の糸口となることを期待したい。

(画像は Jaunmuktane et al. Nature 525, 247?250 2015 より)

▼関連記事
アルツハイマー型認知症とは

▼外部リンク
「Autopsies reveal signs of Alzheimer’s in growth-hormone patients」Nature



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 58/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  6. 6認知症進行、自宅で予防するアプリ
  7. 7シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  10. 10東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
このページの
上へ戻る