世界の認知症患者数、2050年には現在の3倍、1.3億人に

2015年8月27日

「世界アルツハイマー報告書2015」で報告

2015年8月25日、世界の認知症患者の数は2050年に1億3200万人に達し、現在(約4680万人)の3倍となる可能性があるとする報告書が国際アルツハイマー病協会(Alzheimer’s Disease International、ADI)より発表された。

この報告は、同協会が作成した「世界アルツハイマー報告書2015」による。

報告書によれば、新規患者数は毎年約990万人とされ、これは3.2秒ごとに患者が1人増える計算。この結果は2010年における推定値に比べて約30%も高いものとなっており、高齢化が進む世界においてその数は急激に増加していくと見られている。

認知症の治療にかかる費用も増加

同報告書では全世界の認知症費用についても試算されている。その額は現在で8180億USドル(約98兆円)となるとされ、3年以内に1兆USドルになるとの予測も発表されている。

現在、世界中で60歳以上の高齢者は9億人いるという。その層は今後35年間で、富裕国で65%、中低所得国で185%、貧困国で239%とそれぞれ増加する見込みだ。

(画像はイメージです)

▼関連記事
日本の認知症患者は2025年に700万人を突破

▼外部リンク
World Alzheimer Report 2015: The Global Impact of Dementia



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9認知症進行、自宅で予防するアプリ
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る