脳がめざめるお絵かきプログラム 第5弾「手のひらアート編」発売

2017年8月31日

臨床美術で認知症予防

株式会社フェリシモ(神戸市中央区)が展開する、おうちレッスンプログラム「ミニツク」の人気シリーズ「脳がめざめるお絵かき」の第5弾プログラム『脳がめざめるお絵かきプログラム 手のひらアート編』が発売されています。

『脳がめざめるお絵かきプログラム 手のひらアート編』は、医療や教育現場で注目されている芸術療法「臨床美術」をベースにつくられたオリジナルアートプログラムです。

「臨床美術(クリニカルアート)」とは、独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことで脳を活性化し、認知症の症状が改善されることを目的として開発されたものです。特定非営利活動法人「日本臨床美術協会」によれば、期待される効果として以下のものがあげられています。

認知症を予防
認知症を改善・維持
家族間のコミュニケーションの活性化
表現し受容される事によって、意欲が増加します
描くこと、創ることが身近になること
発想力・集中力・コミュニケーション力の向上

毎月1セット、12か月のプログラム

毎月テーマに沿ったお絵かきキットが届き、色えんぴつでハガキサイズの紙に描いていくだけで、自宅にいながら個性的なアート体験ができます。夢中になって描くことでリフレッシュでき、思いがけない仕上がりに自分に自信が持てる12ヵ月プログラムです。

同社ではWebギャラリーを運営しており、できあがった作品を投稿すれば、臨床美術士からコメントをもらうことができます。自分では気が付かなかった自分の価値に気づけば、自分自身を受け入れられるようになります。自分の作品だけを並べたり、他の人の作品をじっくり鑑賞できるWeb上の美術館「お絵かきミュージアム」も開設しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ポジティブ思考を育てられる大人のお絵かき 第5弾『脳がめざめるお絵かきプログラム 手のひらアート編』発売!



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る