認知症を抱える人の外出支援ツールの開発に向け2社が提携

2016年8月14日

MAMORIOとエーザイ「認知症を抱える方の外出支援ツール」開発に向け提携

平成28年8月1日、認知症を抱える人を対象にその失踪を防止する外出支援ツールMe-MAMORIOの、実証実験及び開発のためMAMORIO株式会社と提携を結んだと、エーザイ株式会社が発表した。

認知症を抱える人の行方不明を防ぐために

高齢化社会の進行等を背景に、日本では認知症を抱える高齢者が増え続けている。また、たとえ認知症を抱えていたとしてもよほど進行しない限り、外出するという行為はつきものであり進行の程度に関わらず、本人なりの外出する理由というものが存在するものだ。

だが、本人の意志とは裏腹に認知症の進行とともに外出による行方不明のリスクは増加し、本人の安全性はもちろんのこと、当人を介助する周辺の人々にとっても完全にいわゆる徘徊を防ぐのは難しい。

そこで今回エーザイは、MAMORIOと提携し認知症を抱える人の外出が行方不明に繋がらないよう、サポートするための支援ツールMe-MAMORIOをMAMORIOとともに、開発することとしたのである。

スマートフォン用アプリとBluetoothによるタグで外出をサポート

今回開発されるMe-MAMORIOは、Bluetoothによるタグと専用アプリケーションのインストールされたスマートフォンとの、連動によって用いる。

その使い方としては、認知症を抱える人の持ち物にタグをあらかじめ取り付けるだけだ。そして、専用アプリケーションのいれられたスマートフォンを所持する周辺住民に、一定距離接近するとタグの位置情報がサーバーに送られ、その情報が同じく専用アプリケーションのいれられたスマートフォンを持つ、家族等の介護者に送信されるのである。

こうすることで、当人の位置情報から足取りが掴めるため行方不明になる前に、保護することができるのだ。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
エーザイとシスメックスが認知症診断薬の新たな開発に向けて提携

▼外部リンク
エーザイとMAMORIO社が認知症の方のお出かけ支援ツール「Me-MAMORIO」で開発提携


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る