東大阪市 「認知症あんしんガイドブック」を発行

2016年7月26日

市内の各医療機関や地域包括支援センターで入手可能

大阪府の東大阪市が認知症についての正しい基礎知識や、認知症になった時に受けられる様々なサービスなどを記した「認知症あんしんガイドブック」を作成し発行した。このガイドブックは市内の各医療機関や地域包括支援センターで配布されているほか、同市のホームページでも閲覧できるようになっている。

「中核症状」と「行動・心理症状」から成年後見制度まで

このガイドブックでは、認知症の症状を記憶障害などの「中核症状」と、中核症状に精神的な不安や焦りなどが加わり現れる「行動・心理症状」に分けて解説、また、「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」の3大認知症の症状についても解説している。

そして、認知症の初期症状に気づくことのメリットとそのポイント、実際に認知症かもと思った時と、認知症になった時の進行度ごとに受けられる支援、相談窓口なども記されている。

これらに加えて、認知症になっても住み慣れた地域に暮らし続けることをサポートする認知症サポーターの養成講座について、徘徊行方不明者を早期に保護するための「SOSオレンジネットワーク」について、また、判断能力が低下している人の権利を法的に守る成年後見制度についても紹介されている。

▼関連記事
大阪府長野河内市認知症対応型共同生活介護事業者公募開始

▼外部リンク
「認知症あんしんガイドブック」について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る