大阪府長野河内市認知症対応型共同生活介護事業者公募開始

2016年6月18日

2017年開設分の認知症患者向けグループホーム事業者公募

平成28年6月2日、第6期の高齢者保険福祉計画及び介護保険事業計画によって必要とされる、サービス量を確保するため2016年度(平成29年度)に開設分の認知症対応型共同生活介護を運営する、事業者の公募を開始すると大阪府長野河内市が発表した。

応募資格及び条件について

今回の公募において事業者に課される応募資格は、介護保険法による法人格を有していることと、法人とその役員代表者が介護保険法第86条第2項各号また、関連法律により規定されている暴力団密接関係者でないこととなっており、これらを満たし授業者のみ応募可能だ。

また整備についての条件としては、1施設若しくは2ユニット型で定員を各9名以下であることと、介護保険法に規定されている認知症対応型共同生活介護の指定基準を満たしていること、そして平成29年の待つまでに整備を全て終わらせることとなっている。

審査手順について

審査において踏まれるプロセスとしては、書類選考による1次審査とプレゼンテーションまたヒアリングによった、2次審査によって行われる。

その後、審査結果は書面によって通知される予定だ。

▼関連記事
大阪府が認知症高齢者に対する施策公開情報を更新

▼外部リンク
平成28年度認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に係る事業者の公募要領[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9認知症進行、自宅で予防するアプリ
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る