認知症における徘徊の早期発見に役立つシステム実運用試験開始

2016年7月14日

認知症徘徊検出・発見/見守りシステム(仮称)の実運用を3社で実施

平成28年7月6日、認知症徘徊検出・発見/見守りシステム(仮称)の実運用試験を株式会社ツクイ及び、加藤電気株式会社とともに行うとアキレス株式会社が発表した。

なお、試験の実施期間は同年7月15日から2か月間行われる。

早期発見に焦点をおいたシステムの実用を目指して

認知的な症状を主だったそれとする認知症には、周辺症状の1つに徘徊がある。この徘徊は、認知症を抱える者が死亡してしまう要因ともなる一方で、早い段階での発見が叶えば生存した状態で保護することもできることは統計より明らかとされているのだ。

そうしたことを踏まえ、メールでの情報配信やネームタグの使用等様々な取り組みが現在なされてはいるが、そのいずれも捜索や発見をその主だった目当てとするものではない。

そこで、アキレスを含む3社は共に認知症を理由とする徘徊による失踪を早い段階で検出し、それにより早期での捜索及び発見を図るシステム、認知症徘徊検出・発見/見守りシステム(仮称)、を作り上げたのである。

そして今回、これの実用化に向け運用実験を行うこととなったのだ。

見守り体制の構築及び徘徊発生の早期検出・発見による生存発見率向上を図る

今回構築された本システムは、アキレスにより作られた徘徊対策用介護シューズに加藤電気による小型発信器が、装着されたものである。またこれに加え、ツクイデイサービス内に加藤電気のGEOフェンス型中継器SANアンテナを備え付けることで、常時の徘徊見守りが実現されるのだ。

これにより、万が一このシステムのシューズを履いている対象者が、見守りエリアである半径およそ10m~200mから出てしまった場合、メールにてその家族や介護職員等にその旨が通知される。

そのため、その段階で早期に捜索を開始することができるため、生存発見率の向上を図り得るのだ。

▼関連記事
迅速な徘徊者の発見に貢献、「安心オレンジバンド」

▼外部リンク
認知症患者の『徘徊を早期に検出、発見できるシステム』の実運用試験を開始!


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  7. 7開発中の新薬「アデュカヌマブ」が優先的取り扱いの対象に
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  10. 10困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
このページの
上へ戻る