茨城県3つの企業と認知症普及啓発企業連携事業協定締結

2016年7月13日

茨城県3企業と認知症の正しい理解の普及に関連する協定の締結

平成28年7月5日、認知症への正しい理解及びその啓蒙(けいもう)・普及のため認知症普及啓発企業連携事業協定を、新たに3企業と結んだと茨城県が発表した。

なお、これに当たり同年6月29日にこの締結式が執り行われている。

認知症を抱える高齢者の見守りができる体制の構築を目指して

現在、高齢化社会の進行等を背景に認知症を抱える高齢者は急増しており、またこうした彼らの介護に当たるのは多くの場合その家族だ。

だが、認知症という病態の性質を踏まえ考慮したとき患者の家族によるケアのみならず、地域一丸となって見守ることが特有の周辺症状を抑えることに繋がる。こうしたことを踏まえ茨城県は、2011年度より団体や企業等と認知症普及啓発企業連携事業協定を結んできた。

今回の3企業との締結はこれら1連の流れの延長上のものであり、これにより合わせて30の企業とこの協定を結んだことになる。

新たに3企業を加え認知症の正しい理解を促す

今回、新たに茨城県と認知症普及啓発企業連携事業協定を結んだのは、綜合警備保障株式会社茨城支社と中央労働金庫茨城県本部そして、ヤマト運輸株式会社茨城主管支店だ。

これらを含む30企業との連携の下、認知症サポーター養成講座等を行い、それらを通じ茨城県住民が認知症に対する正しい理解を持つよう促し、ひいては認知症を抱える高齢者を、地域全体で見守ることのできる体制づくりを図っていく。

▼関連記事
茨城県認知症疾患医療センターの公募を開始

▼外部リンク
茨城県認知症普及啓発企業連携事業協定締結式を開催しました


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「これは効く」専門医が認めた療法 認知症関連書籍 新刊案内
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  10. 10認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
このページの
上へ戻る