茨城県認知症疾患医療センターの公募を開始

2015年8月21日

医療と介護の連携を推進する

茨城県は、茨城県認知症疾患医療センターの公募を行うことを県のホームページで発表した。今回の発表には、必要になる募集要項や応募のための様式も含めて発表となった。

今回の公募は、平成28年4月1日からの3年間を対象としている。認知症の専門医療の実施と医療と介護の連携を推進することを目的とした事業となる。

説明会を開催

今回の公募を前に、8月17日に認知症疾患医療センターの基準や応募方法について説明会を行う。茨城県認知症疾患医療センターについて、1時間程度を予定し、説明会を開催する。説明会の申し込みは、茨城県のホームページから申込書をダウンロードし、FAXで申し込みを行う必要がある。

茨城県認知症疾患医療センターの公募の概要

今回の公募は、平成28年4月1日~平成31年3月末日までの3年間の指定となり、その期間は、認知症疾患医療センターとして指定が行われる。医療機関は、13か所程度となる。募集期間は、8月10日から9月11日の約1か月間となる。

茨城県は、認知症疾患医療センターを定め、認知症に対して、専門医療で治療を行える環境を整えたい。しかし、専門医療機関へたどり着くには、医療と介護の連携が重要な役割となる。

▼外部リンク
茨城県ホームページ 茨城県認知症疾患医療センターの公募



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る