「今の生活だと認知症に?」採点手法を開発~星城大学

2016年6月13日

「新聞を読まない」「年金書類が書けない」の発症リスクは

学校法人名古屋石田学園星城大学(以下、星城大学)リハビリテーション学部の竹田徳則教授らは、要介護認定とされる認知症の発症を予測しうる因子を検討し、その結果から認知症発症リスクを点数化するツールを開発。

竹田教授は、6月7日(火)のNHKラジオ第1放送の番組「夕刊ゴジらじ」に出演し、認知症チェックリストのツールについて解説を行った。

同研究では、要介護認定を受けていない高齢者6,796人を対象として5年間追跡。そのうち366人が認知症を発症したが、対象者全員について、ものわすれの自覚の有無、仕事の有無、糖尿病の発症の有無等、個人の属性との関係を分析した。

その結果、13の属性が5年後の認知症発症の予測因子となることが確認された。

例えば、「ものわすれの自覚」がある場合の発症リスクは1.62倍、「新聞を読まない」場合は1.51倍、発症リスクが高かった。「年金書類が作成できない」場合は1.91倍であった。

15点満点 1点と7点ではリスク10倍 予防に生かして

これら因子ごとのリスクを足し合わせて、ゼロ点から15点までで発症リスクを点数化。

研究での追跡開始前にリスクが1点だった人は、5年後に発症する割合は1.3%だったのに対し、7点だった人の発症割合は13.7%と、1点だった人に比べリスクは10.5倍高かった。9点以上になると1点に比べ33.5倍も高くなった。

今回開発したツールはチェックリスト形式となっており、因子ごとに答えるだけでリスクを表すことができるため、専門職でなくても使える。また「新聞を読む」等生活習慣を変えて将来の発症リスクを減らせることを、当事者や家族に示すこともできる。

同研究は、「認知症を伴う要介護認定発生のリスクスコアの開発:5年間のAGESコホート研究」の論文名で日本認知症予防学会誌4月号に掲載。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
プレスリリース[pdf]
竹田徳則教授 NHKラジオで解説 星城大学


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る