「レクリエ7・8月号」で体を動かす楽しい脳トレレクを特集

2016年6月16日

現在発売中のレク隔月刊誌

高齢者介護におけるレクリエーションを支援している隔月刊誌(年6回刊行)「レクリエ7・8月号」で、認知症予防に必要な脳トレを楽しく行うための「体を動かす脳トレレクリエーション」を特集している。同誌は世界文化社より6月1日に発売されており、価格は1,950円となっている。

レクに苦手意識を持つ人も少なくない

介護現場で「レク」と略されることも多いレクリエーションは、運動機能のリハビリのほか、脳機能の改善や維持の目的でも広く行われている。しかし、複数の人の中で行うレクリエーションでは、それができなかった時の恥ずかしさ、自分ができないことで周囲に迷惑をかけてしまうなどの理由から、苦手意識を持っている人も少なくない。

楽しい脳トレレクリエーションのための5つのポイント

この「レクリエ7・8月号」の特集では、そんなレクリエーションに苦手意識を持っている人でも、楽しく参加できる体を使った脳トレレクリエーションの5つのポイントを紹介している。

また、ほかの特集では「義歯を正しく使うことが認知症予防につながる!」を掲載。特集以外では、「簡単!とび出す!手作りバースデーカード」や七夕飾りの制作などを紹介、料理のページでは「サイダーで作る七夕フルーツゼリー」の作り方も紹介されている。

▼関連記事
認知症のリハビリ療法

▼外部リンク
最新号 高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌『レクリエ』

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  2. 2クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
  10. 10困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
このページの
上へ戻る