「はじめての脳活ドリル塾」発売 軽度認知障害予防に

2016年6月8日

飽きずくじけず毎日続ける脳活ドリル

6月2日、主婦の友社より、「はじめての脳活ドリル塾 1日1ページ×60日」が発売された。出版社によれば、難しすぎることもなく簡単すぎることもなく、また、飽きずに、くじけずに続けられ、物忘れが気になり始めた人のため、軽度認知障害予防とその改善にも効果が期待できるという。

元脳外科医の田澤俊明氏が監修

この「はじめての脳活ドリル塾」の問題の作成は、20年以上、この分野のための問題作りを行ってきた福井典子氏とりんりん舎が担当している。
そして、監修は元脳外科医、日本脳ドック学会評議員で、日本脳卒中学会評議員・専門医、また、日本体育協会公認スポーツドクターでもある新都心たざわクリニックの田澤俊明院長が担当。田澤院長は「脳は死ぬまで進化する」「大丈夫! 何とかなります 物忘れ 認知症は改善できる」(いずれも主婦の友社)の著作でも知られている。

昭和の歴史問題も収録

収録されているのはイラストによる問題、クロスワードパズルやしりとり、簡単な計算、そして、昭和に起きた出来事などからの問題など。脳における様々な機能を使うことで、脳の血流量を増やすという。この「はじめての脳活ドリル塾 1日1ページ×60日」は、880円(税別)となっている。

▼関連本




こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る